研究開発部(名古屋)

概要

主に中部圏の官公庁向けの調査研究及びコンサルティング活動を行っています。地域の持続的な発展を目指し、時宜を得た政策をご提供する政策研究集団として研鑽を積んでおります。
中部圏に立脚する役割を認識し、「地域の知恵袋」、「地域とともに考え・行動するシンクタンク」でありたいと願っています。

研究開発部紹介パンフレット「SEARCH」
※デジタルブックが開きます。
研究開発部紹介パンフレット「SEARCH」


業務体制

4つのグループにて業務を行っています。

①社会資本政策グループ

社会資本整備や地域整備を軸に、地域づくりに関する計画策定、経済分析等に基づくプロジェクトの効果分析、事業主体の構築等事業化に向けた検討支援等を行い、地域づくりに係るプロジェクトの推進を支援しています。定量評価、モデル分析に強みがあります。

②官民協働・地域経営グループ

官民協働(PPP/PFI等)分野を軸に、地域経営の効率化に向けた多面的な事業手法検討・導入支援や、地域経済の活性化に向けた政策立案の支援等を行っています。中部圏のみならず、全国各地及び海外の幅広い官民協働プロジェクトに携わっています。

③都市・文化・生活政策グループ

地域と生活者の視点から総合的な地域政策立案をサポートしています(都市・地方計画、地域交通政策、住宅政策、防災対策、環境政策、福祉政策、教育・文化政策、地域ブランド政策等など)。地域と一体となったプロジェクト型業務の支援に強みがあります。

④事業戦略・マーケティンググループ

観光分野と産業分野を両軸に、観光分野では、地域資源やマーケットをふまえた観光振興方策を提案し、交流人口の拡大や経済活性化に向けたプロジェクト実施支援を行うとともに、産業分野では、科学技術、ICT、知財等の知見をもとに、産業発展に寄与する事業戦略の検討、支援を行っています。

アピールポイント

○地域に根差した総合力を発揮して地方創生の実現に向けた支援を行います。

○中部地域の大規模プロジェクト(リニア新幹線、昇龍道プロジェクト、航空機開発、次世代ビークル、国際展示場、アジア大会等)に関連する幅広い調査研究を行っています。

○地元経済界・産業界との幅広いつながりを活かした実践的提案を行っています。

○モデル分析、景況調査、GISなどを駆使した品質の高い調査分析を提供しています。

○東京・大阪の各部門と連携した専門的・総合的な視点からの提案が可能です。

いつも挑戦心を忘れず、フレッシュな気持ちで、地域に「新たな風」を起こし「元気を与える」存在でもありたいと考えています。

研究開発部(名古屋)

関連レポートリンク

部室のご紹介
名古屋本部
研究開発部
その他地区本部
東京本部 大阪本部

ページの先頭へ

1234567890