環境方針Environmental Policy

環境宣言

私達は三菱UFJフィナンシャル・グループの一員として、先駆的な知的価値の創造を通じてお客様の繁栄と社会の発展に貢献するインフルエンシャル・フォースを目指すうえで、地球環境問題に取り組むことが最重要課題の一つであると認識します。そのために、この環境方針を定め、当社の全役職員が、事業活動を通じて環境への負荷軽減に努め、地球環境問題の解決に貢献することを宣言します。

環境行動指針

1.地球環境への貢献

当社は、当社の行う調査研究、コンサルティング、その他のあらゆる活動を通じて、地球環境の向上や地球環境負荷の低減に資する提案、ソリューションの提示、意見の表明、情報の提供等を、積極的に行うよう努力し、環境の分野においてもインフルエンシャル・フォースとなることを目指す。

2.環境負荷の低減

当社の全役職員は、自らもまた環境に負荷を及ぼす存在であることを自覚し、社会の一員として汚染の予防や地球環境負荷の低減に貢献するという高い意識を持つ。地球環境に負荷を与える業務活動については、その自覚にもとづいて、一人一人が責任を分かち合い、努力を積み重ねながら、環境改善に向けた活動を推進する。

3.法令等の遵守

当社は、環境保全に係る諸法令・規則及び当社が同意している環境関連の各種協定を遵守する。

4.継続的改善への組織的取り組み

当社は、事業活動にかかわる環境側面を正しく認識し(Recognize)、この環境方針に適合する環境目的・目標を含む経営計画を策定し(Plan)、実施(Do)する。さらに、環境マネジメントシステムの内部監査とレビューを定期的に行い(Check)、環境マネジメントシステムの継続的改善に組織的に取り組む(Act)。

5.啓発と全員参加

当社は、全役職員等への環境方針の周知と環境教育の徹底を図り、業務・業務外を問わず、役職員等ひとりひとりの環境保全活動を奨励する。

6.コミュニケーション

広く社内外のコミュニケーションを通じた環境保全活動の啓発・推進に努め、この環境方針を一般に公開する。

2017年6月21日
三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社
代表取締役社長 村林 聡

ページの先頭へ

1234567890