グローバル・デザイン室

「グローバル・デザイン室」の目指す姿

 近年、グローバル化が進展する中で、新興国の台頭に伴い、先進国を中心とした従来型の国際秩序が変化を余儀なくされています。加えて、2016年の「Brexit」や「America First」等の保護主義的価値観の強まりは国際秩序にも大きな影響を与えつつあります。
 このような環境下で、国際社会が抱える課題は複雑化・多様化し、貿易、投資、租税などの経済問題に加え、人権侵害、気候変動、都市環境、高齢化、国際保健等の多様な問題が顕在化し、その解決に向けた国際的議論の活発化や、多様なプレーヤーによる貢献が益々重要となっていくと考えられます。

 弊社は、このような国際社会の中で、新たな国際的な秩序のあり方を検討し描き出すことを「グローバル・デザイン」と称し、日本の様々な関係者と共に「グローバル・デザイン」への貢献を果たすべく、2015年に当室を設置致しました。

 弊社「グローバル・デザイン室」は、企業、行政、経済団体・業界団体、学界、NGO、市民社会等との連携、マルチステイクホルダー型のアプローチを通し、地球規模の課題解決と社会経済の発展に地球目線で取り組む様々な活動を展開してまいります。

グローバル・デザイン室

主な活動内容

グローバル・デザイン室では、主に以下の3つの活動に取り組んでいます。

① 懇談会開催
  • 産官学NGO等多様な関係者と共に「グローバル・デザイン」について学ぶ懇談会を不定期で開催しております。
② 研究会活動
③ 情報発信・提言活動
  • 「グローバル・デザイン」に関連するレポートを執筆・対外的に発表していく予定です。

お問い合わせ先

グローバル・デザイン室 事務局(担当:小柴)
〒105-8501 東京都港区虎ノ門5-11-2 オランタヒルズ森タワー
03-6733-1098
E-Mail:gdu@murc.jp

ページの先頭へ

1234567890