【ニュースリリース】 「知財金融シンポジウム」開催のお知らせ知財金融とは何か “特許庁×金融庁”~知財を切り口とした中小企業の事業性評価~
全文紹介

2017年02月08日

 三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:藤井 秀延)は、特許庁より「平成28年度中小企業知財金融促進事業」を受託しており、同事業の一環として「知財金融シンポジウム」が3月3日に開催されることをお知らせいたします。
 特許庁は、中小企業の知財を活用したビジネス全体を評価する「知財ビジネス評価書」を地域金融機関に提供し、金融機関における評価の一助としての活用を目的とした「中小企業知財金融促進事業」を推進しています。本シンポジウムでは、地域金融機関が知財を切り口とした企業の実態把握を行うことと事業性評価との関係について解説するほか、金融機関が知財に着目することにより、地域中小企業が知財を取得・活用する意義について、「知財ビジネス評価書」の具体的な活用事例を報告するとともに、ディスカッションをいたします。

<開催概要>

開催日時 2017年3月3日(金)13:30~16:30
 ※開場12:30(受付が混み合う可能性もございますので、余裕をもってお越しください)
会  場 経済産業省 本館 地下2階 講堂  住所:東京都千代田区霞が関1-3-1
         ※東京メトロ霞が関駅(丸の内線・日比谷線・千代田線) A12出口から地上にあがり、
          桜田通り沿いの正門からお入り頂き、誘導にしたがって会場にお越しください。
         ※本シンポジウム参加者の方は、本館地下鉄口から入館できません。
         ※受付場所等の詳細については、別途HP等において、掲載する予定です。

定  員 400名 ※定員になり次第締め切らせていただきます
参加方法 事前申し込み制 <参加費無料>
開催主体 主催:特許庁、金融庁
後援(予定):(一社)全国銀行協会、(一社)全国地方銀行協会、(一社)第二地方銀行協会、
   (一社)全国信用金庫協会、(一社)全国信用組合中央協会、日本弁理士会、日本商工会議所、
   全国商工会連合会

 

<プログラム>

開会挨拶 特許庁長官 小宮 義則
基調講演1 特許庁 中小企業知財戦略支援総合調整官(審査業務部長) 三木 健
基調講演2 金融庁 監督局 銀行第二課長 柴田 聡
基調報告 神戸大学 経済経営研究所教授 家森 信善 氏
事例報告 ※調整中(地域金融機関の取り組みを紹介予定)
パネルディス
カッション
パネリスト:調整中(地域金融機関および専門家によるディスカッションを予定)
モデレーター:三菱UFJリサーチ&コンサルティング
       産業資金研究室長兼知的財産コンサルティング室 主任研究員 肥塚直人

※上記プログラムは2月8日時点のものであり、最新情報につきましては下記URLをご覧ください。
 http://chizai-kinyu.go.jp/event/

<お申し込み方法>

「知財金融ポータルサイト」の本シンポジウムのサイト(http://chizai-kinyu.go.jp/event/)からお申し込みください。

 

本件に関するお問い合わせ

三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社
コーポレート・コミュニケーション室 広報担当 島林
〒105-8501 東京都港区虎ノ門5-11-2オランダヒルズ森タワー
TEL:03-6733-1005 E-mail:info@murc.jp

全文紹介F
一覧へもどる

ページの先頭へ

1234567890