【ニュースリリース】 三菱UFJリサーチ&コンサルティングとGAVIワクチンアライアンスとのアドバイザリー契約締結に関するお知らせ日本の民間セクターとGAVIとの連携促進により、予防接種プログラムの拡大を目指す
全文紹介

2017年10月03日

 GAVIワクチンアライアンス(Gavi, the Vaccine Alliance/ワクチンと予防接種のための世界同盟、本部:スイス連邦ジュネーブ、最高経営責任者:Seth Berkley、以下GAVI)と三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:村林 聡)は、日本の民間セクターとGAVIとの連携を促進するためのアドバイザリー契約を9月15日に締結しましたので、お知らせいたします。
 今後、三菱UFJリサーチ&コンサルティングは、GAVIに対するアドバイザリー業務を担うことで、GAVIやその取り組みであるINFUSE(「趣旨・背景」参照)の日本における認知度向上や、日本の民間セクターとGAVIとの連携促進を図り、子どもの予防接種プログラムの拡大などを目指していきます。これにより、国際的な保健医療(グローバル・ヘルス)の課題解決の一助となり、世界の子どもの命を救うことに貢献していきたいと考えています。

1.趣旨・背景

 予防接種は歴史的に見て最も成功を収めた費用対効果の高い保健介入策のひとつです。しかし、貧しい国をはじめ、1900万人近い子どもたちが、命にかかわる疾患を予防するワクチンを接種できずにいます。
 GAVI は「予防接種への理解と接種規模の拡大、そして予防接種への平等なアクセスのためのイノベーション(INFUSE: Innovation for Uptake, Scale and Equity in Immunisation)」というプロジェクトを2016年のダボス会議(世界経済フォーラム)において立ち上げました。GAVIは十分な試験を経たイノベーションを、それを最も必要としている国に導入するプラットフォームを構築し、市場の機能不全の問題に取り組んでいますが、INFUSEはこうした選りすぐりのイノベーションをパートナーとともにスケールアップするための資金と専門知識を「INFUSE(吹き込み)」する取り組みとなります。INFUSEとは、ワクチンアライアンスのパートナーの専門知識を生かして、大きなインパクトを持つイノベーションにより多くの国がアクセスできるよう協議する場です。さらにヘルスケアの近代化に向け、途上国および新興国市場への新しいテクノロジーの導入を加速させています。
 一方、日本はグローバル・ヘルスの課題解決のための貢献を行っており、特に2000年のG8サミットより感染症問題について強いリーダーシップを発揮しています。すべての人が経済的な困難を伴うことなく保健医療サービスを享受できるユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)推進を目指し、数々の革新的な保健イニシアチブをとり、人間の安全保障問題として貧困に起因する感染症との闘いに挑んでいます。
 こうした世界的な潮流や日本の取り組みを踏まえ、三菱UFJリサーチ&コンサルティングは、グローバル・ヘルスの課題解決に貢献するため、GAVIとのアドバイザリー契約を締結するに至りました。

2.各組織の概要

GAVIワクチンアライアンス(Gavi, the Vaccine Alliance/ワクチンと予防接種のための世界同盟)
 GAVIは低所得国でのワクチン接種における公平性を高め、このギャップを埋めることを目指すグローバル・パートナーシップです。2000年にダボス会議で発足して以来、発展途上国とドナー国の政府、世界保健機関(WHO)、国際児童基金(UNICEF)、世界銀行、ビル&メリンダ・ゲイツ財団、ワクチン業界、研究・技術機関や市民社会団体をひとつに結びつけています。
 GAVIは、予防接種を受けていない子どもたちの大多数が暮らす途上国における予防接種プログラムを支援しています。設立以来、84億米ドル以上の資金をこれらの国々に支出してきました。日本は2011年以来、ワクチンアライアンスの重要なドナー国です。GAVIが支援する国々で実施されている予防接種と保健システム強化プログラムに対し、5300万米ドルの資金援助を行っています。

三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社
 三菱UFJリサーチ&コンサルティングは、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)のシンクタンク・コンサルティングファームです。
 東京・名古屋・大阪を拠点に、民間企業向け各種コンサルティング、国や地方自治体の政策に関する調査研究・提言、経営情報サービスの提供、企業人材の育成支援、マクロ経済に関する調査研究・提言など、幅広い事業を展開しています。

※10月11日付にて下記情報を追記。
 本件は、国際保健医療(グローバル・ヘルス)の課題解決を図る当社組織「Center on Global Health Architecture」が担当。
  ホームぺージ : http://www.murc.jp/corporate/virtual/globalhealth
  Facebookページ: https://www.facebook.com/cgha.murc/
  Linkedinページ: https://www.linkedin.com/company/25078975/

 

本件に関するお問い合わせ

【本件に関するお問い合わせ】
 三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社
 Center on Global Health Architecture 小柴、水野
 〒105-8501 東京都港区虎ノ門5-11-2オランダヒルズ森タワー
 TEL:03-6733-1005  E-mail:ath-ch@murc.jp
【報道機関からのお問い合わせ】
 コーポレート・コミュニケーション室  村田・島林  TEL:03-6733-1005 E-mail:info@murc.jp

全文紹介F
一覧へもどる

ページの先頭へ

1234567890