【ニュースリリース】 2017年東海3県主要集客施設・夏休み集客実態調査~台風やゲリラ豪雨、土日祝の雨天などの天候不順で、前年の集客数を下回る施設が増加~
全文紹介

2017年10月12日

三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社(本社:東京都港区 社長:村林 聡)は、「2017年東海3県主要集客施設・夏休み集客実態調査」(東海地方の主要集客施設89施設へのアンケート調査(2017年9月))を実施し、集客数について回答を得た88施設の夏休み(7月21日~8月31日の42日間)の集客実態を分析し、結果を取りまとめましたので発表いたします。

1.調査結果の概要

・天候不順が続いたことが影響し、88施設のうち47施設(約53.4%)と過半数が前年の集客数を下回りました
・台風やゲリラ豪雨、土日祝の雨天により、屋外型施設を中心にイベント開催中止となったケースがあり、35施設(約
 46.1%)が「雨天が悪影響を及ぼした」と回答。このうち29施設が屋外型施設でした。
夏休みの夜間営業・夜間特別イベントは年々定番化してきており、今年の夏休みは14施設が実施し、集客の増加に寄与しま
 した。

 

2.本調査に関して

本調査は、98年より当社(当時は東海総合研究所)の自主研究として実施しています。夏休みの結果発表は今回で通算20回目となります。

・調査対象:東海3県(愛知・岐阜・三重)における年間約10万人以上の集客実績を持つ施設
   ※「遊園地・テーマパーク」、「動植物園・大規模公園」、「文化施設(博物館・科学館・美術館)」、「大規模コンベンション施
    設」、「商業施設を含む複合レジャー施設」等を指し、ホテル、百貨店、ショッピングセンター、名所旧跡等は対象外

・調査手法:郵送によるアンケートを実施(送付数89、有効回答数88)

 

本件に関するお問い合わせ

【本件に関するお問い合わせ】
 三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社
 観光政策室[名古屋] 主任研究員 内田 克哉、研究員 加藤 千晶
 〒461-8516 名古屋市東区葵1-19-30 マザックアートプラザ
【報道機関からのお問い合わせ】
 コーポレート・コミュニケーション室 村田、島林  TEL:03-6733-1005 E-mail:info@murc.jp

全文紹介F
一覧へもどる

ページの先頭へ

1234567890