【ニュースリリース】 新「御園座」の開業による経済波及効果の試算結果を発表~集客による経済波及効果は年間約190億円。名古屋都心の回遊誘発にも貢献~
全文紹介

2018年02月21日

 三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社は、2018年4月に開業する御園座について経済波及効果を分析しました。このたび、その結果がまとまりましたのでお知らせいたします。

■調査結果の概要

 本分析では、平成23年愛知県産業連関表を用いて、御園座の開業に伴う経済波及効果を下記の通り算定した。

● フロー効果:御園座の建設工事による経済波及効果は約350億円
  - 工事着工(平成26年)~竣工(平成30年)までの間に愛知県経済に波及するものと考えられる。
● ストック効果:御園座の芸能文化事業による経済波及効果は年間で約190億円
  - 御園座が実施する各種興行により年間約50万人の来場者が生じると想定。
  - 御園座の来場者による劇場内での消費に加え、劇場周辺(伏見界隈等)での立ち寄りによる観光消費も考慮して経済
   波及効果を算出した。

 

 さらに本分析では、御園座の開業が周辺地域(伏見地区等)に及ぼす地域活性化効果についても考察した。
御園座が伏見地区に新たに開業することの意義として、下記の点が見出される。

● 娯楽文化発信機能が名古屋市都心部に存続・強化され、都心地区間における人々の回遊を誘発する
● 名古屋市における本格的な都心型居住機能として、新たな都心居住者層の受け皿となり、名古屋市におけるライフスタイ
  ルの多様化と夜間人口の維持増進および市経済の活性化に寄与する

 

 分析結果の詳細については、当社公式ホームページ掲載の政策研究レポートをご覧下さい。

本件に関するお問合せ

【本件に関するお問い合わせ】
 三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社
 政策研究事業本部[名古屋] 執行役員 主席研究員 加藤 義人
 〒461-8516 名古屋市東区葵1-19-30 マザックアートプラザ TEL:052-307-1103(部代表)
【報道機関からのお問い合わせ】
 コーポレート・コミュニケーション室 杉本(TEL:052-307-1106)、村田(TEL:03-6733-1005)
 E-mail:info@murc.jp

全文紹介F
一覧へもどる

ページの先頭へ

1234567890