【ニュースリリース】 MUFG AI Studioに出資・人材供給~AI活用により社会的課題の解決手法を探求~
全文紹介

2018年04月27日

 三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:村林 聡、以下:MURC)は、 株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ(代表執行役社長 平野 信行、以下「MUFG」)の子会社であるJapan Digital Design株式会社(代表取締役CEO 上原 高志、以下「JDD」)内に新設するMUFG AI Studio(以下、「M-AIS」)に参画します。これに伴いJDDに出資するとともに、MUFGグループ独自のAIモデルの開発・研究の現場に専門人材を供給する方針を決定いたしましたのでお知らせいたします。

1. M-AIS新設の背景

(1) 従来はMUFG各社・各部門で個々のリソース(データ、開発環境)を確保し、AIを活用したサービスの開発に取り組んでいましたが、加速度的に独自のAIモデルの開発・研究・実装を進めていくため、グループ内外の資源を集中させ、日夜、進歩が続くAI分野の各種アプローチのTry & Errorが可能な研究の場を確保することを目的としてM-AISが新設されます。

(2) M-AIS はMUFG子会社のJDDに設置され、既存の金融業界の働き方や考え方に囚われない人材を内外から集め、AIを活用した金融サービスの向上や社会的課題の解決に向けたサービスの提供を目指しています。

2. M-AIS参画の狙い

(1) M-AISの分析環境は、官民各領域における様々な社会的課題の解決に向けたAI活用の検討や仮説検証をスピーディーに行うことが期待でき、当社がシンクタンク・コンサルティングファームとして社会に対して提供できるサービスの価値向上を図る上で有益であると考え、参画することにしました。

(2) 東京大学などの外部研究機関との共同研究や国内外AIベンチャーとの協働を通じた最先端技術の取り込みなど産学連携による研究の実施も想定され、論文発表による国際学会等でのプレゼンス向上を図ることによって優秀な人材確保につなげることも期待できます。

※M-AISに関する詳細は全文紹介をご覧下さい。

本件に関するお問い合わせ

【本件に関するお問い合わせ】
 三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社
 〒105-8501 東京都港区虎ノ門5-11-2オランダヒルズ森タワー
 新事業開発室 小柴(TEL:03-6733-1001)
【報道機関からのお問い合わせ】
 コーポレート・コミュニケーション室  杉本(TEL:052-307-1106)、村田(TEL:03-6733-1005)
 E-mail:info@murc.jp

全文紹介F
一覧へもどる

ページの先頭へ

1234567890