【ニュースリリース】 2018年東海3県主要集客施設・夏休み集客実態調査~猛暑・豪雨・台風で約8割の施設が集客数減~
全文紹介

2018年09月28日

 三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:村林 聡)は、「2018年東海3県主要集客施設・夏休み集客実態調査」の結果を取りまとめましたので、お知らせいたします。

調査概要

 本調査は、東海地方の主要集客施設80施設に対しアンケート調査(2018年9月)を実施し、集客数について回答を得られた76施設の夏休み(7月21日~8月31日の42日間)の集客実態を分析しました。

調査結果(要旨)

・ 猛暑・豪雨・台風の影響で約8割の施設が集客数減少 ~屋外型施設に打撃~

・ 集客数はナガシマリゾートが12年連続トップ ~プール利用が好調~

・ 外国人旅行者は団体客の伸びが落ち着き、個人客は増加傾向

・ 集客におけるSNSの影響力が増大

 

 調査結果の詳細につきましては、当社公式ホームページ掲載の政策研究レポートをご覧下さい。

 

本件に関するお問い合わせ

【本件に関するお問い合わせ】
 三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社
 観光政策室[名古屋]  研究員 加藤 千晶   観光政策室長 上席主任研究員 田中 三文
 E-mail:tourism@murc.jp
 〒461-8516 名古屋市東区葵1-19-30 マザックアートプラザ
【報道機関からのお問い合わせ】
 コーポレート・コミュニケーション室  竹澤・村田・杉本  TEL:03-6733-1005
 E-mail:info@murc.jp

全文紹介F
一覧へもどる

ページの先頭へ

1234567890