経理のイロハから実務まで、1日でマスター!1日でわかる 経理入門セミナー

このセミナーへ申込む

初心者の方にもわかりやすい!



- 仕訳の仕方・決算整理といった一連の実務を、わかりやすく解説します! -


 ビジネス社会において、簿記の基礎は全社員に必要不可欠な知識です。複式簿記のルール、仕訳のやり方や決算までの流れといった一連の実務、決算書に関する基礎知識は、コンピュータ会計時代になっても身につけておくべきスキルとして、ますます重要になっています。
 本セミナーでは、簿記・経理の基本から様々な仕訳の事例、小切手・手形の取扱い、決算までの流れ、および決算書の見方まで、初心者の方にもわかりやすく解説します。


============■ 受 講 者 の 声 ■============
 ・初心者にわかりやすい例を出して説明してくださったので良く理解できました(製造)
 ・今まで「作業」で簿記をしていましたが、今後は理解したうえで実施できます(小売)
 ・板書で細かく説明いただけたのでとても解りやすかったです。入社してすぐにこの講義を
  受けたかったと思いました(製造)
 ・仕分けの基礎がとてもわかりやすかったです(製造)
 ・とにかく解りやすかったです!初心者でしたが、簿記が好きになりました(サービス)
 ・決算書の見方がとても参考になりました(製造)
 ・改めて学習することで、今までのことがより一層理解でき、今後の業務に役立てたい(製造)
===================================


ジャンル 中堅社員・若手社員 新入社員 経理・財務・税務
対象者 新任経理担当者、経理の基礎を学びたい全ての皆さま
(新入社員の方にもおすすめのセミナーです)
開催日時 2017年4月14日(金)10:00~17:00
講師 グローアップコンサルティング株式会社 代表取締役
山中智広税理士事務所 所長 税理士 山中 智広 氏
会場 名古屋セミナールーム 会場マップご案内
受講料 SQUET特別会員:24,840円 SQUET一般会員:28,080円
提携先会員:30,240円 会員以外:33,480円

※1社2名以上ご参加の場合、1名につき2,160円の割引をいたします。
※テキスト代、消費税等を含みます。食事代は含みません。


◆◆受講お取消しについて◆◆
 開催日の前日(土/日/祝日を除く)17:00までにご連絡ください。
 受講料を全額ご返金いたします。ただし、それ以降のキャンセルにつきましては、ご返金いたしかねます。
 また、他のセミナーへのお振り替えもいたしかねますので、ご了承ください。


●申込み先着順・指定席(受講番号のお席になります)
※諸般の事情により、やむを得ず開催を見合わせる場合もございます。ご了承ください。


★早割サービスご利用の場合はこちらから


このセミナーへ申込む

ページの先頭へ

講師プロフィール

グローアップコンサルティング株式会社 代表取締役
山中智広税理士事務所 所長 税理士 山中 智広 氏


平成7年関西大学商学部卒業。平成15年税理士試験合格。1級FP技能士、プロフェッショナルCFOの資格も有する。資格試験受験専門校の簿記講座講師を経て、大手会計事務所に勤務し、法人税、資産税、財務分析及び経営計画立案等を担当。平成19年に独立し、山中智広税理士事務所を開業、グローアップコンサルティング(株)を設立。現在は、税務会計顧問業、経営・財務コンサルティング業の他、全国各地の企業内研修・金融機関・大学等での講演・セミナー講師としても活動している。



●カリキュラム


1.簿記・経理の基本的役割
 (1)簿記とは?
 (2)貸借対照表(B/S)とは?
 (3)損益計算書(P/L)とは?
 (4)よく使う勘定科目の種類と意味
    (勘定科目を間違えないコツ)


2.仕訳の手順をマスターする
 (1)一般的な取引と簿記上の取引
 (2)仕訳の鍵をにぎる「取引の8要素」
 (3)仕訳の手順


3.実践で覚える仕訳のやり方
 (1)商品を販売したとき
 (2)売上代金が入金されたとき
 (3)商品を仕入れたとき
 (4)仕入代金を支払ったとき
 (5)商品の値引き、返品があったとき
 (6)備品を購入したとき
 (7)事務用品を購入したとき
 (8)家賃を支払ったとき
 (9)税金を支払ったとき
 (10)交際費について
 (11)仮払いを行ったとき
 (12)給与を支払ったとき
 (13)借入金を返済したとき
 (14)その他の各種取引について



4.実務のために知っておきたいこと
 (1)小口現金とは?
 (2)収入印紙の取扱い
 (3)小切手・手形の処理と取扱い


5.決算までの流れについて
 (1)決算までの流れ
 (2)帳簿にはどのようなものがあるのか?
 (3)総勘定元帳とは?
 (4)補助簿の役割と内容
 (5)試算表とは?
 (6)決算整理について


6.決算書の基本的な見方
 (1)貸借対照表はどのように見るのか
 (2)損益計算書はどのように見るのか


※プログラムの詳細は変更となる場合がございます。
 ご了承ください。


◎電卓、筆記具をお持ちください。
※撮影、録音はご遠慮願います。


このセミナーへ申込む
一覧へもどる

ページの先頭へ

1234567890