★新企画★ 知っておくべき知識をわかりやすく解説!ビジネスで知っておきたい「契約」の基礎知識

このセミナーへ申込む

知らないと大きな損失が出る!



-注意点や対応策を具体的にお伝えします-


 


  企業活動において、あらゆる取引に契約書はつきものです。取引条件やいざトラブルとなった場合の処理は契約書の記載を基本として決定されることになります。 契約書の不備や相手に有利な内容が記載されていることにより、損害を被る例が多くなっています。円滑な取引のためには、正しい契約知識を持ち、契約内容の問題点を明確化し、当事者間の話し合いで合意点を見つけられることが必要です。
 本セミナーでは、押さえておくべき契約書の基礎知識を、実際の契約書や判例を基に解説し理解していただきます。また見本やフォーマットなどを資料としてご提供し、初学者にもわかりやすくお伝えいたします。


ジャンル 営業・マーケティング 経理・財務・税務 総務・労務・人事・賃金
対象者 「契約」に関する基礎知識を身につけたい全ての皆さま
開催日時 2017年4月18日(火)10:00~17:00
講師 野口&パートナーズ・コンサルティング株式会社 代表取締役 野口&パートナーズ法律事務所 代表 弁護士 野口 大 氏
会場 名古屋セミナールーム 会場マップご案内
受講料 SQUET特別会員:24,840円 SQUET一般会員:28,080円
提携先会員:30,240円 会員以外:33,480円

※1社2名以上ご参加の場合、1名につき2,160円の割引をいたします。
※テキスト代、消費税等を含みます。食事代は含みません。


◆◆受講お取消しについて◆◆
 開催日の前日(土/日/祝日を除く)17:00までにご連絡ください。
 受講料を全額ご返金いたします。ただし、それ以降のキャンセルにつきましては、ご返金いたしかねます。
 また、他のセミナーへのお振り替えもいたしかねますので、ご了承ください。


●申込み先着順・指定席(受講番号のお席になります)
※諸般の事情により、やむを得ず開催を見合わせる場合もございます。ご了承ください。


★早割サービスご利用の場合はこちらから


このセミナーへ申込む

ページの先頭へ

講師プロフィール

野口&パートナーズ・コンサルティング株式会社 代表取締役 野口&パートナーズ法律事務所 代表 弁護士 野口 大 氏


企業法務・人事労務に強い弁護士として全国的に著名であり、労働裁判や労基署調査、団体交渉等を専ら会社側・経営側の立場で数多く手がけている。紛争事案のみならず、現場に入って社員面談等も行ったり、紛争予防ノウハウを駆使する等、数少ない「人事労務コンサルタント型弁護士」として、北海道から沖縄まで全国の多数の企業のブレーンをつとめている。



【著書】「労務管理における労働法上のグレーゾーンとその対応」(日本法令)はベストセラー



●カリキュラム


1.契約書の基礎知識
 (1)形式面
   1) 社長名であることが必要か
    2) 印紙について
    3) 別紙や日付に注意


 (2)内容面
    1) 何のために契約書を作成するのか
    2) 想定するトラブルがカバーされているのか
    3) 書式を使う場合の留意点
    4) 契約自由の原則とは


2.契約条項ごとの留意点(業務委託契約書を例に)
 (1)業務委託契約とは
 (2)業務委託契約に関連する法律
   1) 下請法
   2) 個人情報保護法
   3) 労働者派遣法(偽装請負)
     業務委託・請負が不適切であれば派遣法違反となる
   4) 労働基準法
     個人に業務委託すれば労働者ではなくなるのか
 (3)各条項の留意点
   1) 業務内容のさだめ方
   2) 対価
   3) 検査検収
   4) 業務遂行に問題があった場合
   5) 契約の解除
   6) 知的財産権
   7) 損害賠償
   8) 秘密保持
   9) 再委託
   10) 権利侵害
   11) 納期延長
 (4)実際の契約書を見てみよう
 (5)下請法の適用がある場合の契約書を見てみよう


3.その他の各種書式について
 (1)債権回収の基礎知識と役立つ各種書式
   1) 連帯保証
   2) 代理受領
   3) 商品引き上げ
 (2)営業秘密の基礎知識と役立つ各種書式
   1) 秘密保持誓約書
   2) 競業避止誓約書


4.その他


※プログラムの詳細は変更となる場合がございます。ご了承ください。


◎筆記具をお持ちください。
※撮影、録音はご遠慮願います。


このセミナーへ申込む
一覧へもどる

ページの先頭へ

1234567890