部下を持つビジネスパーソン必須!リーダーのための「メンタルヘルス」基礎知識と対応方法

このセミナーへ申込む

職場・組織として対応力を高める!



-「ラインケア」で組織・職場としての対応方法を学ぶ-


 近年、産業構造や社会環境が変化する中で、仕事に対する強い不安やストレスを感じ、「メンタルヘルス不調」に陥る人々の増加が、大きな社会問題となっています。企業においても、メンタルヘルス不調への対応、休業者の職場復帰への支援、職場環境改善など、さまざまな対応が求められています。
 本セミナーを通じて、メンタルヘルスについて「基本的な知識・いざという時の不調の気づき方」「セルフケアの重要性」「組織に求められる役割」「休職から職場復帰までの対応方法」などをケースや実習を通して学び、職場・組織としての対応力を高めましょう。


============★ 受 講 者 の 声 ★============
・チェックリストで自己チェックできる点やケーススタディがよかった。
・グループ討議で他社の方の色々な意見が聞け、参考になった。
・講師の説明がわかりやすく、理解しやすかった。
・ラインケア、セルフケア等、実務ですぐに使える内容で役に立った。
・メンタルヘルス不全の方への対応がわかりやすかった。
===================================


ジャンル 中堅社員・若手社員 管理者・監督職 総務・労務・人事・賃金
対象者 各部門の管理職、部下を持つリーダーの皆さま
開催日時 2018年5月22日(火)  10:00~17:00
講師 株式会社ビジネスプラスサポート 人財育成プロデューサー
一般社団法人産業カウンセラー協会認定 産業カウンセラー 山田 容子 氏
会場 名古屋セミナールーム 会場マップご案内
受講料 SQUET特別会員:27,000円 SQUET一般会員:30,240円
提携先会員:32,400円 会員以外:35,640円

※1社2名以上ご参加の場合、1名につき2,160円の割引をいたします。
※テキスト代、消費税等を含みます。食事代は含みません。


◆◆受講お取消しについて◆◆
 開催日の前日(土/日/祝日を除く)17:00までにご連絡ください。
 受講料を全額ご返金いたします。
 ただし、それ以降のキャンセルにつきましては、ご返金いたしかねます。
 また、他のセミナーへのお振り替えもいたしかねますので、ご了承ください。


●受講申込み後、開催2ヵ月前をめどに「受講証」「請求書」をお送りいたします。
 届かない場合は TEL 052-307-1105 までお問い合わせください。


●申込み先着順・指定席(受講番号のお席になります)
※諸般の事情により、やむを得ず開催を見合わせる場合もございます。ご了承ください。


★早割サービスご利用の場合はこちらから


このセミナーへ申込む

ページの先頭へ

講師プロフィール

株式会社ビジネスプラスサポート 人財育成プロデューサー
一般社団法人産業カウンセラー協会認定 産業カウンセラー 山田 容子 氏


大学卒業後、大型重機メーカーの営業、ソーシャルワーカー、学習塾経営を経て人材育成会社に勤務。人材育成トレーナーとして、ビジネスマナーをはじめ、コーチング、心理学、メンタルヘルスなどの分野で活躍の場を広げる。(株)ビジネスプラスサポート 人財育成プロデューサーとして、現在に至る。「すべての人が仕事を通して持てる力を発揮する」ことをモットーに、現在の位置を見極め、承認&挑戦で研修を展開する。通り一遍の技術の習得にとどまらず、個々の長所をいかに表現するかに主眼を置き、受講者の自信と行動を引き出している。
【資格】一般社団法人産業カウンセラー協会認定 産業カウンセラー、キャリアコンサルタント



●カリキュラム


1.メンタルヘルス不調とは
 (1)職場におけるメンタルヘルス不調の現状
 (2)メンタルヘルス不調3つの要因
 (3)見逃してはいけない不調の特徴とサイン
 (4)新型うつの特徴と従来型との違い
   ~今の若者の傾向を知る


2.セルフケアの重要性
 
(1)セルフケアの意義
 (2)職場でできるセルフケア
   ~呼吸法とボディワーク 【実践】
 (3)考え方を変える


3.ラインに求められる役割
 
(1)職場環境、課題の発見と改善方法を探る
   【ケーススタディ】
 (2)部下の特徴を把握した対応
   ~タイプ別傾向を知る
 (3)日常のコミュニケーションの見直し
 (4)信頼関係をつくる傾聴の技術 【ペアワーク】
 (5)承認力を高める 【グループワーク】



4.不調の発覚から休職までの対応
 (1)ラインケアの対応の流れ
 (2)うつ状態の部下への対応方法
   【ケーススタディ】
 (3)休職の準備と留意点


5.職場復帰までの対応と支援
 (1)職場復帰までの流れの理解
 (2)職場復帰で起こり得る問題とは
 (3)スムーズな職場復帰のための工夫
 (4)復職する社員を受け入れる職場の体制づくり


6.自分自身のセルフケア
 (1)不調のサインを受け止める
 (2)相談の大切さと相談機関


7.まとめ
 (1)メンタルヘルス不調予防のためにできること


※プログラムの詳細は変更となる場合がございますので、ご了承ください。


◎筆記用具をお持ちください。
※撮影・録音はご遠慮願います。


このセミナーへ申込む
一覧へもどる

ページの先頭へ

1234567890