管理職に本物の使命感を持たせる!管理職なら厳しく部下を使い切れ!

このセミナーへ申込む

長年定評ある実践セミナーです!



-管理職のリーダーシップ発揮と部下育成の方法を熱く指導いたします!-


 管理職の厳しさとは、立場を利用したパワハラや不法行為と疑われるような言動をとることではありません。
 管理職の職務を正しく理解し、部下と共に管理職自身が成長することが必要です。
 
 管理職は、会社の使命を部下に浸透させ結果を出さなければなりません。そのためには、確たる理論をバックボーンに持ち、熱意をこめて部下に語りかけて納得させ、行動を変えるまで粘り強く働きかけることが必要です。
 本セミナーは、精神論だけではなく、管理職としての行動・思考に関する原理原則を理解し、現場で実行できる実践的な内容です。自身の現状を気づかせ、明日からの具体的ビジョンを描けるよう指導いたします。


==============■ 受 講 者 の 声 ■==============
 ・リーダーとしてあるべき姿、考え方が参考になった(卸売)
 ・会社の定義についてよく理解ができた。また、基本的な管理職の職務について理解を深める
  ことができた(工事)
 ・グループディスカッションで、違う視点で見ることができ、考えの幅が広がった(工事)
 ・管理者の身につけなければならない具体的な技術が説明され、今後に役立てたいと思う(建設)
 ・言葉の意味が非常によく解り、再認識させられることが多かった(製造)
 ・「自分に厳しく」との結論にハッとした(製造)
=======================================


◆担当者のお勧めコメント◆
タイトルは少し衝撃的(?)ですが、部下を伸ばすための関わり方を丁寧に指導する、非常に実践的な内容です。
熱意ある指導が印象的な講師です。


ジャンル 管理者・監督職 経営者・経営幹部
対象者 部下を持つすべての皆さま
開催日時 2018年5月24日(木)10:00~17:00
講師 松井経営人事研究所 所長 松井 健一 氏
会場 名古屋セミナールーム 会場マップご案内
受講料 SQUET特別会員:27,000円 SQUET一般会員:30,240円
提携先会員:32,400円 会員以外:35,640円

※1社2名以上ご参加の場合、1名につき2,160円の割引をいたします。
※テキスト代、消費税等を含みます。食事代は含みません。


◆◆受講お取消しについて◆◆
 開催日の前日(土/日/祝日を除く)17:00までにご連絡ください。
 受講料を全額ご返金いたします。ただし、それ以降のキャンセルにつきましては、ご返金いたしかねます。
 また、他のセミナーへのお振り替えもいたしかねますので、ご了承ください。


●申込み先着順・指定席(受講番号のお席になります)
※諸般の事情により、やむを得ず開催を見合わせる場合もございます。ご了承ください。


★早割サービスご利用の場合はこちらから


このセミナーへ申込む

ページの先頭へ

講師プロフィール

松井経営人事研究所 所長 松井 健一 氏


日本大学法学部卒業。
経営コンサルタント会社で数多くの企業の経営指導・教育訓練を実施した後、松井経営人事研究所を設立、主宰する。現在、中堅・中小企業中心に、新人事制度づくり、組織改革・経営人事刷新のためのプロジェクト等の指導を行っている。「理念だけでは経営人事は変わらない、仕組みだけでは人は動かない」という考え方を行動基準として、全国レベルで経営指導・教育研修に専念している。経営人事システムの構築とその定着、及び経営の実績向上を調和させることにより、沈滞している中堅・中小企業を蘇生させる名手である。



【主な著書】「本当に、社長らしくなったもんだ。」「人事労務管理マニュアル」「理論武装して部下を使い切れ!」(すばる舎)、「最強の経営コンサルタント『二宮金次郎』の教え」「強い社長になる37の法則」(かんき出版)、「人を動かす44の成功法則」(大和出版)



●カリキュラム


1. 管理職は経営環境変化の実態を厳しく教えよ
 (1)勝ち組と負け組企業の差を認識させよ
 (2)部下の能力発揮度を高めよ


2. 管理職とは何をする人かを再認識せよ
 (1)管理職と監督職の違いは何か
 (2)管理職に必要とされる基本能力
   理論思考/経営感覚/コスト意識/
   リーダーシップ/共感性/調整力/表現力


3.「儲けに徹する厳しさ」で部下を引っ張れ!
 ―部下を引っ張るための具体策―

 (1)本当の厳しさとは何か
    厳しさとは、無理をさせることだ
 (2)仕事には余裕を与えるな
    重要で急ぐ仕事は忙しい部下に与える
 (3)成長させる責任の取らせ方をさせよ
    部下の責任は部下にきちんと負わせる
 (4)更に挑戦したくなるほめ方を考えよ
    本当のほめ方は、すぐに次の仕事を与えることだ
 (5)自分の価値観にベクトルを合わせさせろ
    上司が何を期待しているのかを察しさせよ
 (6)部下は上司のためにあると教えよ
    上司が忙しいのは部下の仕事を奪っているからだ
 (7)上司と部下との間に緊張感を持て
    上司と部下の間の程よい緊張感がお互いを成長させる
 (8)部下に必要以上の気を使うな
    改革しようと行動すれば多少の波風は立つ
 (9)本当のプロとは何かをいっしょに考えよ
    頑張っても並な成果では評価されない
 (10)納期の大切さを教えよ
    納期に期待された品質の仕事を納品するのは当たり前
 (11)ガマンと根気も必要と心得よ
    基本の手抜きが問題を起こす
 (12)問題がない時こそ問題だと警戒せよ
    扱いにくい部下こそ使いこなせ
 (13)リーダーシップの鉄則を再確認せよ
    管理者は管理するために存在する
 (14)できる部下ほど注意を怠るな
    部下を暇にさせると余計な仕事をする
 (15)儲けこそビジネスパーソンの使命と叩き込め
    お客様に喜ばれて儲けに徹する



4.事例研究(マネジメントシミュレーション)
            【グループディスカッション】
  事例研究を通し、
   学んだ知識や考え方を活かすトレーニング


5.管理職として身につけなければならない
  ものの見方・考え方を再認識せよ

 (1)会社とは何かがわかっているか
 (2)組織とは何かがわかっているか
 (3)儲けとは何かがわかっているか


※プログラムの詳細は変更となる場合がございますので、ご了承ください。


◎筆記具をお持ちください。
※撮影、録音はご遠慮願います。


このセミナーへ申込む
一覧へもどる

ページの先頭へ

1234567890