★新企画★ 自らの成果、上司の補佐役も期待される難しい立場を自覚係長・主任の役割と“現場を強くする”4つの行動

このセミナーへ申込む

やりがいを持って仕事に臨む!ワークを通じて実践的に身につける!



 係長・主任クラスの初級管理職は、少人数の部下やチームメンバーを管理しながら自らの成果も高め、さらに部課長からの指示を現場レベルに噛み砕いて指示・行動するという、「リーダー兼フォロワー」的な非常に難しい役割を期待されています。
 このセミナーでは、係長・主任クラスに求められる行動を(1)コミュニケーション (2)意思決定 (3)感情マネジメント (4)セルフ・マネジメントの4つのカテゴリーに分けてワーク形式で学んでいただきます。皆さんが自信を持って仕事に取り組み、強い職場をつくることが会社の成長につながっていきます。講師はSQUETセミナー初登壇の迫川史康氏です。


ジャンル 中堅社員・若手社員 管理者・監督職
対象者 係長・主任、ならびに同候補者の皆さま
開催日時 2017年7月25日(火) 10:00am~5:00pm
講師 HRBC株式会社 代表取締役 迫川 史康 氏
会場 東京セミナールーム 会場マップご案内
受講料 SQUET特別会員:27,000円 SQUET一般会員:30,240円
提携先会員:32,400円 会員以外:35,640円

※1社2名以上ご参加の場合、1名につき2,160円の割引をいたします。
※テキスト代、消費税等を含みます。食事代は含みません。


◆◆受講お取消しについて◆◆ 
 開催日の前日(土日/祝日を除く)17:00までにご連絡ください。
 入金済みの受講料を全額ご返金いたします。
 その後のお取消しについては、ご入金の有無にかかわらず受講料を申し受けます。
 なお、他のセミナーへのお振り替えもいたしかねますのでご了承ください。
 ただし、代理の方にご出席いただくことは可能です。
 やむを得ず欠席をされた場合は、セミナー資料を後日お送りいたします。 
●受講申込み後、折り返し「受講証」「請求書」をお送りいたします。
 届かない場合は TEL 03-6733-1059 までお問い合わせください。 
※諸般の事情により、やむを得ず開催を見合わせる場合もございます。 ご了承ください。


このセミナーへ申込む

ページの先頭へ

講師プロフィール

HRBC株式会社 代表取締役 迫川 史康 氏


外資系製薬会社アストラゼネカの営業(MR)としてキャリアをスタート。九州を舞台に、クリニックから大学病院まで、提案営業と顧客開拓に力を入れる。会社の合併を機にチームリーダーとなり、数々の失敗を繰り返しながらも、異なる価値観を持つメンバーの士気を高め、先輩・後輩たちとともにチームの業績向上に大きく貢献する。本社人事企画部門へ異動後、人財開発・組織開発に従事し、教育体系、評価制度などを主担当として構築する。本社と現場をつなぐ役割を担い、その運用と浸透に力を尽くすべく、現場を飛び回り、様々なワークショップを進行する経験を積む。現在は、HRBC(株)代表取締役コンサルタント。笑顔を絶やさず、楽しく、ときには厳しく指導する理想の体験型ワークショップ(ライブ)を追求し続けている。関西学院大学経営戦略研究科(MBA)修了。



カリキュラム            ※プログラムの詳細は変更となる場合がございますので、ご了承ください。


1.係長・主任は報われない立場・役職!?
  それとも職場のキーマン!?
1)係長・主任に求められる役割・行動とは
2)自分の考えや行動がはっきりと伝わらないと
  思っていませんか
3)上司・部下・後輩の板挟みの状況が苦しいと
  思っていませんか
4)部下・後輩が何を考え、
  どんな感情をもっているのかよくわからない
5)自信のない部下・後輩に仕事を頼むより
  自分がやった方が早いと思っていませんか


2.ひとは論理で納得し、感情で動く!?
1)あなたは論理を重視するタイプ!?
  それとも感情を大事にするタイプ!?
2)そもそも論理的であるとはどういうことか
3)論理的な店員のセールストーク
  【ケーススタディ】
4)論理的であるための3つのポイントとは
5)あなたは上司をマネジメントできていますか!?


3.行動1:ロジカル・コミュニケーション
1)相手目線に立ったロジカル・コミュニケーション
2)話に飛びがなく、つながりのあるコミュニケーション
3)話にヌケ・モレがなく、安心できるコミュニケーション
4)アイデアを論理的にまとめる事例
  【グループワーク】



4.行動2:ブレない意思決定
1)ディスカッションを通じて意思決定する事例
  【グループワーク】
2)主語と目的語を意識したコミュニケーション
3)さて、頭では納得したけれど、相手が動いてくれない
  (決められない)のはなぜか!?


5.行動3:感情マネジメント
1)なかなか心を開かない後輩社員
  【ケーススタディ】
2)3つの視点で話を整理するコミュニケーション
3)ネガティブな感情・ポジティブな感情を言葉にしてみる
4)感情に配慮するディスカッション事例
  【グループワーク】
5)本当に納得してもらうためのコミュニケーション


6.行動4:自信を持ち続けるセルフ・マネジメント
1)自信はどこからやってくるのか!?
  【グループワーク】
2)自信の源泉となる4つのポイントとは
3)相手のポジティブな面を伝えるコミュニケーション
  【グループワーク】
4)つらい思いをしないで成果を出し続ける人の
  3つの特徴とは
5)明日から実行するあなたらしいアクションプラン
  【個人ワーク】


◎筆記用具をお持ちください。
※録音・録画はご遠慮願います。


このセミナーへ申込む
一覧へもどる

ページの先頭へ

1234567890