★緊急開催★ 半日で民法改正のポイントを総点検!民法(債権法)改正の概要とポイント総点検セミナー(半日)

このセミナーへ申込む

契約・債権管理の実務に欠かせない!



 明治31年(1898年)に施行された現行民法が、ついに120年ぶりの大改正に至りました。改正点は大小合わせて200項目にも上り、「契約に関する規定」の全面的な見直しが行われることとなりますので、今回の改正がビジネス実務に極めて大きな影響をもたらすことは間違いありません。
 既に3年を切った施行日(2020年予定)に向けて、契約書面の改訂や債権管理体制の整備など、行うべき準備は待ったなしの状況にあるといえます。
 このセミナーでは、今回の民法改正における重要なポイントを総点検し、契約実務や債権管理実務において、ビジネスパーソンの皆さまが準備すべき対応を具体的に解説いたします。


 


ジャンル 営業・マーケティング 経理・財務・税務 総務・労務・人事・賃金
対象者 総務・管理・営業・経理・法務部門管理職・ご担当の皆さま
開催日時 2018年3月2日(金) 1:00pm~5:00pm
講師 テミス綜合法律事務所 弁護士 小林 和正 氏
会場 東京セミナールーム 会場マップご案内
受講料 SQUET特別会員:19,440円 SQUET一般会員:22,680円
提携先会員:24,840円 会員以外:28,080円

※1社2名以上ご参加の場合、1名につき1,080円の割引をいたします。
※テキスト代、消費税等を含みます。


◆◆受講お取消しについて◆◆
 開催日の前日(土日/祝日を除く)17:00までにご連絡ください。
 入金済みの受講料を全額ご返金いたします。
 その後のお取消しについては、ご入金の有無にかかわらず受講料を申し受けます。
 なお、他のセミナーへのお振り替えもいたしかねますのでご了承ください。
 ただし、代理の方にご出席いただくことは可能です。
 やむを得ず欠席をされた場合は、セミナー資料を後日お送りいたします。
●受講申込み後、折り返し「受講証」「請求書」をお送りいたします。
 届かない場合は TEL 03-6733-1059 までお問い合わせください。
※諸般の事情により、やむを得ず開催を見合わせる場合もございます。ご了承ください。


このセミナーへ申込む

ページの先頭へ

講師プロフィール

テミス綜合法律事務所 弁護士 小林 和正 氏


1997年東京大学卒業、2000年弁護士登録、2005年よりテミス綜合法律事務所パートナー。金融機関、メーカー、商社など幅広い企業から、契約書作成などの予防法務、トラブル発生後の訴訟法務などについての相談を受ける。中京大学法科大学院教授、愛知大学法科大学院講師、中部民事法研究会幹事、執行実務研究会会員として、講義、講演活動等多数。
【著書】
『行政対象暴力Q&A』『Q&A誰でもわかる暴力団対策法』『知的障害者民事弁護実務マニュアル』『市民と法(連載中)』など



カリキュラム            ※プログラムの詳細は変更となる場合がございますので、ご了承ください。


1.改正に至る経緯と基本原則
1)なぜ今、民法の改正なのか
2)社会・経済の変化への対応
3)民法を国民一般に分かりやすいものへ
4)経過措置に関する原則


2.契約実務において留意すべき改正点
1)定型約款
2)錯誤
3)契約の解除
4)損害賠償
5)危険負担
6)その他項目


3.債権管理実務において留意すべき改正点
1)保証
2)債権譲渡



3)相殺
4)消滅時効
5)法定利率
6)その他項目


4.契約類型毎の留意点
1)売買はどう変わるか
2)請負はどう変わるか
3)賃貸借はどう変わるか
4)消費貸借はどう変わるか
5)その他典型契約はどう変わるか


5.施行日に向けて行うべき準備
                  
◎筆記用具をお持ちください。
※録音・録画はご遠慮願います。


このセミナーへ申込む
一覧へもどる

ページの先頭へ

1234567890