★新企画★ 規程サンプルやガイドライン等を踏まえた具体的な解説で、すぐに役立つ「情報管理関連規程」のつくり方と見直しのポイント

このセミナーへ申込む

情報管理の社内規程は整備されていますか?



 「情報管理に関連する社内規程」の整備が各社で問題になっています。まだ、社内規程が整っていないという会社も多い一方で、ひととおりの社内規程が備わっているものの、バラバラに策定されてきたため、従業員から見たときに、どの規程を遵守すれば良いのかが分かりにくくなっている会社もあります。
 本セミナーでは、営業秘密、個人情報、マイナンバー、サイバーセキュリティに関する各種の法令・ガイドラインに準拠して、社内規程にどのような条項を設けたらよいのか、規程のサンプルに基づいて具体的に解説していきます。講師は分かりやすく・丁寧な説明が大好評、弁護士の影島広泰氏です。


※ご受講の皆さまに、個人情報取扱規程、情報管理規程、誓約書、就業規則、情報漏えい対応規程など、各種社内規定の
 ひな形を進呈いたします! 


ジャンル 総務・労務・人事・賃金
対象者 総務・人事・管理・法務部門ご担当の皆さま
開催日時 2018年4月24日(火) 10:00am~5:00pm
講師 牛島総合法律事務所 パートナー 弁護士 影島 広泰 氏
会場 東京セミナールーム 会場マップご案内
受講料 SQUET特別会員:24,840円 SQUET一般会員:28,080円
提携先会員:30,240円 会員以外:33,480円

※1社2名以上ご参加の場合、1名につき2,160円の割引をいたします。
※テキスト代、消費税等を含みます。食事代は含みません。


◆◆受講お取消しについて◆◆ 
 開催日の前日(土日/祝日を除く)17:00までにご連絡ください。
 入金済みの受講料を全額ご返金いたします。
 その後のお取消しについては、ご入金の有無にかかわらず受講料を申し受けます。
 なお、他のセミナーへのお振り替えもいたしかねますのでご了承ください。
 ただし、代理の方にご出席いただくことは可能です。
 やむを得ず欠席をされた場合は、セミナー資料を後日お送りいたします。 
●受講申込み後、折り返し「受講証」「請求書」をお送りいたします。
 届かない場合は TEL 03-6733-1059 までお問い合わせください。 
※諸般の事情により、やむを得ず開催を見合わせる場合もございます。ご了承ください。


このセミナーへ申込む

ページの先頭へ

講師プロフィール

牛島総合法律事務所 パートナー 弁護士 影島 広泰 氏


1998年一橋大学法学部卒業、2003年弁護士登録・牛島総合法律事務所入所。日本経済新聞社「企業法務・弁護士調査」2016年の情報管理部門の「企業が選ぶ弁護士ランキング」で2位。約20万ダウンロードのiPhone/iPad人気アプリ「e六法」開発者。ITシステム・ソフトウェアの開発・運用、個人情報・プライバシー等の取扱い、ネット上のサービスや紛争に関する案件を中心に、企業法務の第一線で活躍中。
【著書】
『法律家・法務担当者のためのIT技術用語辞典』(商事法務、2017年)、『小さな会社・お店の新・個人情報保護法とマイナンバーの実務』(日本経済新聞社、2017年)、『改正マイナンバー法対応のための業務フローとチェックリスト』(商事法務、2015年)、『マイナンバー規程・書式作成ガイド』(清文社、2015年)ほか多数。



カリキュラム            ※プログラムの詳細は変更となる場合がございますので、ご了承ください。


1.情報管理に関連する法令・指針と企業の義務
1)営業秘密:不正競争防止法
2)個人情報:個人情報保護法
3)特定個人情報:マイナンバー法
4)裁判例から考える、情報セキュリティの法的義務


2.社内規程の条項のポイントと規程サンプル
1)個人情報の規程
 1.ガイドラインに準拠した組織体制の構築
 2.社内体制で最も重要なポイントとは
 3.物理的安全管理措置を規定する際のポイント
2)マイナンバーの規程
 ・個人情報との違い
3)営業秘密管理規程
 1. 営業秘密管理指針(2015年1月全面改定)に
   基づいた規定の作り方
 2. 秘密情報保護ハンドブックに基づいた
   社内規程見直しのポイント
 3.情報資産の洗い出しの方法
4)セキュリティポリシー
 1.何を規定するのか
 2.サンプルに基づいた規定例



3.各種規程の整合性の取り方と統合した際の文例
1)既存の規程のどれを中心に据えるとよいのか
2)統合した場合の文例
3)情報資産の洗い出し(棚卸)時の実務上のポイント


4.誓約書や就業規則の文例
1)委託先管理規程
2)従業員に徴求すべき誓約書
3)就業規則の文例
4)派遣社員から誓約書を取得する方法
5)情報漏えいインシデント対応規定
6)従業員のモニタリングをする際に必要な措置


◎筆記用具をお持ちください。
※録音・録画はご遠慮願います。


このセミナーへ申込む
一覧へもどる

ページの先頭へ

1234567890