業務改革

概要

  • グローバル化し、成熟化した市場の中、企業の収益向上は従来のような単純な業務の削減や業務効率化によるコストダウンの積み上げだけでは、思ったほど効果をあげることができなくなっています。
  • 利益を拡大するために、業務の仕組みをどのように改革するかということが業務改革の目的です。そのためには業務改善やコストダウンという面から見た現場主導型の取り組みだけではなく、コストや品質、納期という観点から、開発・調達・生産・販売・物流といった業務の仕組みを顧客起点で最適化されたものに変革するという視点が必要となっています。
  • さらに、グローバル化の進展とともに、コストと納期のバランスを考えた最適地調達・最適地生産に加え、企画・開発の最適地化も進んでおり、それぞれのマーケットに対する臨機応変なオペレーションが求められています。

コンサルティングの特徴

  • 当社は、グローバルを含めたサプライチェーン全体の視点から見た業務改革について、様々な専門性を持った、経験豊富なコンサルタントを有しています。
  • 「業務改革と言えばIT活用」というようなIT導入を前提としたコンサルティングを行いません。業務改革は意識改革であるという考えに立ち、ITは道具であって、業務を行うのは人であると考えています。
  • 業務効率化やコストダウンにおいても、現場に密着して、目標に向かって伴走するような心構えで成果を一緒に追及します。

具体的テーマ

事例・実績

  • 製造業のサプライチェーン構築支援(上海~国内)
  • 製造業の為の物流チャネル再構築コンサルティング
  • グローバルSCMコンサルティング
  • サプライチェーンリスクマネジメント
  • 生産革新コンサルティング
  • トータルコストダウン戦略

ページの先頭へ

1234567890