品質管理

概要

品質管理は、「買手の要求に合った品質の品物又はサービスを経済的に作り出すための手段の体系」と定義され、品質マネジメントとも呼ばれます。
品質マネジメントシステムの国際規格であるISO9001は、継続的改善による顧客満足の向上を主たる目的としています。
品質管理は、Plan-Do-Check-Act(PDCAサイクル)を通して、仕組み(マネジメントシステム)の有効性を継続的に改善し、顧客満足の向上を目指し、企業業績の向上につなげる活動です。
ISO9001は、品質マネジメントの8原則を採用していて、品質管理の運営において、重要な考え方となります。

品質マネジメントシステムの継続的改善

品質管理により期待される効果

  • 品質管理レベルの向上・改善により、顧客クレームやロスが低減し、顧客満足の向上につながります。
  • 業務の透明性が増大し、経営管理レベルが向上します。
  • 社員の顧客志向意識、改善意識が高まり、社内の風土改革につながります。

コンサルティングの特徴

特徴1:業務分析が重要

業務分析に基づいた自社の強み、現状の課題等を考慮した業務プロセスの見直し・確立が必要です。

特徴2:方針管理の徹底

会社方針に基づいた品質目標を設定し、手段・日程・責任を明示した行動計画を立て、定期的な進捗管理を行いながら、目標の達成を図ります。

特徴3:QC手法を活用した品質改善の推進

ベーシックなQC手法を活用することにより、クレーム・不良等の低減を図ります。QC手法を使いこなし自ら問題解決できる人材づくりを行います。

具体的テーマ

  • 業務プロセスの見直し・確立
  • 方針管理(品質目標)の確立・推進
  • 品質改善(クレーム・不良低減)

事例・実績

  • 製造業をはじめ全ての業種、業態、規模の組織に適用可能です。

主なレポート

  • 品質マネジメントシステム構築の手ほどき
その他のテーマ
全社経営管理(グループ経営管理)

経営診断 / 方針管理・戦略マネジメント(PDCA・BSC) / 管理会計・原価計算 / 財務戦略 / グループ経営・グループガバナンス / グローバル経営管理 / 品質管理 / ERM(全社的リスクマネジメント) / BCP(事業継続計画)の策定と運用 / 調達リスクの可視化・戦略選定コンサルティング / 情報セキュリティ / サプライチェーンマネジメント(調達) / 海外拠点設立 / 海外拠点管理 / 海外拠点・人事管理

ページの先頭へ

1234567890