海外M&A・アライアンス

「戦略」×「プロセス管理」で成功へと導く

国内における市場の成熟化、グローバル環境下での市場の激化などを背景として、日本企業の海外進出、海外進出企業の再編が進んでいます。日本企業が海外進出を検討する際の手段として、現地企業とのアライアンス、出資をご検討されるお客様は増加の一途を辿っています。
当社では、何のための海外進出か、パートナーに求める経営資源・機能は何か、といったM&A戦略から、進出形態の検討、パートナー探し、出資検討先との交渉支援等、お客様のニーズに合わせて幅広い案件に対応しております。
国内におけるM&Aもさることながら、海外におけるM&Aの現場では予期しない様々な問題が発生します。そのため、より精緻に進出目的を明確化し、パートナー候補に求める機能、優位性をしっかりと組み立てる必要があります。
一方、交渉を進めるにあたっては、プロセスマネジメントが成否を左右します。M&Aのプロセスは多岐に渡っており進捗管理が困難なだけでなく、外資規制の状況や商習慣を踏まえながら進めていくことが必要となります。とりわけ新興国においてその傾向は顕著です。経験豊富な当社コンサルタントがプロセスをきめ細かく確認しながらプロジェクトを進めます。
また、買収だけでなく、現地法人の売却に際する売却先探し、株価算定、売却交渉支援もご提供しています。

海外M&A・アライアンス締結の実施プロセス

M&Aの実行プロセスは「M&A戦略策定」「ターゲットスクリーニング」「デューデリジェンス」「ディール実行」「PMI」の大きく5つのステップに区切ることができます。
お客様の状況やニーズによって、必ずしも全てのステップを踏むわけではありません。既にパートナーが決まっている場合では「ターゲットスクリーニング」のステップが省かれる場合もあります。お客様の状況やニーズをお伺いした上で、必要な論点の整理、プロセスの提案をさせていただきます。

海外M&A・アライアンス

1.M&A戦略策定

M&Aを成功させるためには、事前に経営課題を洗い出し、何のためのM&Aなのか明確にする必要があります。M&Aにて獲得したい経営資源・機能を自社で構築するのか、それともM&Aで獲得するのかを見極めるご支援をいたします。

2.ターゲットスクリーニング

M&Aのパートナー候補となる企業をリストアップした上(ロングリストの作成)で、候補企業の魅力度、実現可能性などから絞込み、アプローチをかける優先順位を決定していきます(ショートリストの作成)。  また、絞り込んだ候補企業、または、あらかじめ企業が決定している場合はその候補企業に対し初期調査を実施し、パートナーとしてのシナジー効果を見極めていくサービスも提供いたします。

3.デューデリジェンス

基本合意書(LOI/MOU)を締結し、デューデリジェンスを実施します。当社では財務・税務・法務デューデリジェンスおよび企業価値評価のコーディネート、ビジネスデューデリジェンスの実施などデューデリジェンス全般を支援いたします。

4.ディール実行

M&Aでは多くの契約書を締結する必要があり、その内容は複雑です。当社ではM&A専門の弁護士を日本・現地の両方で繋ぐことにより、交渉内容の細かなニュアンスを正確に反映させ、ディールをスムーズに進めます。

5.PMI

クロージング実施後における手続きの支援を行うだけでなく、期待したシナジー効果が出ているかを検証し、改善につなげるご支援を行います。また、各国の海外拠点における経営効率化のための再編・統合のご支援も実施します。

事例・実績

  • 現地企業買収(出資)アドバイザリーサービス(ベトナム、インドネシア、マレーシア、タイ、中国、ドイツ、スウェーデン、スペイン他)
  • 現地企業売却アドバイザリーサービス(ベルギー、アメリカ他)
  • 企業価値算定サービス(アメリカ、インドネシア、中国他)
  • 対象先初期調査サービス(イギリス他)
  • 対象国に関する規制調査
その他のテーマ
全社経営戦略(グループ戦略)

中長期経営・事業計画 / M&A・業務提携 / 海外M&A・アライアンス / 企業価値評価・株価算定 / 企業再編 / 企業再生 / IR / 企業理念・ビジョン・CI戦略 / 新規事業戦略 / 海外事業戦略 / 事業承継・株主安定化・従業員持株会 / IPO / 事業戦略にかかる人材育成 / 技術戦略・知財戦略

本件に関するお問い合わせ

国際ビジネスコンサルティング部
〒105-8501 東京都港区虎ノ門5-11-2
TEL:03-6733-1032

ページの先頭へ

1234567890