人材育成

概要

人材育成は、企業の経営理念や経営方針を実現し、企業業績を向上させる“人”を育てることです。人材育成は、企業経営の根幹に関わる最重要課題であり、永遠のテーマともいえます。
しかし、その内容は実に多様です。
例えば、人材育成の対象一つをとってみても、経営者、管理職、一般社員、中高年齢社員、若手社員、非正規社員等、どの角度から人材群をとらえるかによって、何を、どんな手段で、いつ育成すれば良いのか等、その内容は大きく異なります。
また、人材育成の方向性は、企業が置かれた環境に対し、企業が進むべき方向や戦略によっても当然異なるものです。
さらには、育成される“人”自身が、社会情勢やその時代の規範・価値観によって変化します。
このように、企業を取り巻く環境が大きく変化している昨今、人材育成についても、企業運営のあるべき姿を、視野を一段高くして俯瞰し、再構築・再検討する必要に迫られています。
当社では、お客様の経営理念・ビジョン、経営戦略・人事戦略、事業特性、人材傾向等、関係するファクターを総合的にとらえ、最先端の知見を活用し、お客様にとって最適な人材育成について幅広く支援します。

コンサルティングプロセス

人材育成コンサルティングでご提供するソリューションは多種多様です。例えば、特定のスキル習得が企業ニーズとして明らかな場合は、具体的なOff-JTメニューをご提案します。
中期経営計画の見直しの機会に、新たな人材像を打ち立て、それに向かって新しい人材育成方法を検討されたい場合は、企業の現状について各種資料・データ等に基づく現状分析からスタートし、人材像検討の支援から具体的な育成手法の提案・実施まで幅広く支援します。
また、最適な人材育成課題や手法を明らかにするために、人材の特徴を明らかにすることを目的として、各種アセスメントを実施することもあります。
日常の業務活動そのものが人材育成に資するように運営されることを期待し、例えば業務改善を通じて、または目標管理制度の運用を通じて、人材育成の支援を行うこともあります。

具体的テーマ

  • 人材育成に関する課題整理と人材育成ビジョンの作成
  • 教育体系の設計
  • 教育研修のご提案
  • 企業が求める人材像の策定
  • 人材アセスメントの実施
  • メンタリング制度の設計・運用指導
  • 後継者育成
  • 女性社員の活躍推進支援
  • 企業理念の浸透による人材活性化

 事例・実績

  • 人材育成の課題抽出と改善方向まとめ
  • 階層別教育体系・職種別教育体系の設計
  • 中堅社員のキャリア設計支援
  • ES調査と女性活躍推進支援
  • メンタリング制度の導入とメンター教育
  • 営業分野における人材育成支援
  • 経営理念・行動規範の社員への浸透支援
  • 後継者支援

お問い合わせはこちら

コンサルティング・国際事業本部
TEL:03-6733-1010
〒105-8501 東京都港区虎ノ門5-11-2 オランダヒルズ森タワー

お問い合わせフォームへ

ページの先頭へ

1234567890