教育体系

概要

人事制度と人材育成は、「人」のマネジメントにおける車の両輪です。人材育成の中で、教育体系は最も重要な要素の一つです。

教育体系を設計する際には、その目的を明確にすることが何より重要です。単に階層別教育体系・専門教育体系のレベルを上げようということではなく、何を身につけるために個別の教育を行うのか、教育によりどんな効果を期待するのかといった根本的なことを明らかにした上で、自社の経営理念・経営方針の実現に資する教育体系を設計する必要があります。

(例)コンサルティングプロセス

資料調査・インタビュー等により人材育成に関する現状を分析し、課題を整理します。次に、例えば研究開発型製造業のように、業務遂行上身につけておくべきスキル(知識・技術・技能)を明確にしておきたい場合には、等級・役職ごとに必要なスキルを整理したスキル体系図(等級別知識等一覧表)を作成し、等級で習得すべきスキルと個別研修で得られるスキルの両方を明らかにします。

さらに、経営方針・人事制度等に基づき社員への期待等を整理した上で、人材育成制度の枠組みをつくります。

その上でお客様に合った教育体系を設計し、スムーズに運用できるよう対策します。

現状分析・課題整理

(スキル体系図の作成)

人材育成制度のグランドデザイン

教育体系の詳細設計及び運用対策

事例・実績

  • 階層別教育体系・専門教育体系の設計
  • 等級別スキルを設定したスキル重視型教育体系の設計
  • 人材育成トータルシステムの設計
その他のテーマ
人材育成

人材育成に関する課題整理と人材育成ビジョンの作成 / 教育体系の設計 / 教育研修のご提案 / 企業が求める人材像の策定 / 人材アセスメントの実施 / ES調査・モラールサーベイの実施 / メンタリング制度の運用指導 / 後継者育成 / 女性社員の活躍推進支援 / 企業理念の浸透による人材活性化

ページの先頭へ

1234567890