IFRS(国際会計基準)コンサルティング

概要

2014年12月時点で、IFRSの任意適用(早期適用)企業は51社になりました。企業数では全体の2%に満たないものの時価総額ベースでみると、全上場会社の時価総額の約13%を占めるまでになっております。国としてのIFRS適用方針は、「IFRSの任意適用の積み上げ」、「あるべき国際会計基準について我が国からの積極的な発信」を進めていく、ということになっています。IFRSを適用することで、「投資家が企業の財務諸表を比較検討する場合の利便性が向上する」、「多国間における企業の資金調達のコスト低減」、「企業経営のツールを共通化することで、グローバルな経営の効率化にも資する」といわれています。
当社では、「初期のインパクト調査」から「IFRSプロジェクト計画作り」、「個別論点対応方針作り」、「IFRS経理規程作成支援」、「IFRS対応の情報システム要件定義」等、IFRSプロジェクトに関する全工程を支援いたします。IFRS適用に関しては、各社対応が分かれていますが、これから始める企業や任意適用に取り組む企業など、それぞれの実情に合わせてIFRSプロジェクトを組み、支援を行うことができます。

IFRS(国際会計基準)コンサルティング

コンサルティングの特徴

特徴①.経験豊富な専門コンサルタントが担当

IFRS(国際会計基準)と日本会計基準の専門知識を持ったコンサルタントが支援するため、会計理論のみならず、実務を踏まえた対応を検討することが可能です。

特徴②.効率的なIFRSプロジェクトの実施

IFRSプロジェクトを効率的に運営するためのツール「IFRS Navigator」を監査法人やシステム会社と共同開発しています。このツールをIFRSプロジェクトにおいて活用することで、効率的なプロジェクトにすることができます。

特徴③.経営課題を含む課題解決にも対応

IFRSプロジェクトを推進するに当たり、組織再編や業務改革、情報システム対応、管理会計制度の見直しなど、幅広い経営課題への対応が必要になりますが、全ての課題に対応することができます。

具体的テーマ

事例・実績

  • IFRS適用における初期調査
  • IFRS適用支援コンサルティング
  • IFRS海外子会社への展開支援コンサルティング
その他のテーマ
マネジメント高度化

内部統制 / コンプライアンス / 内部監査 / IFRS(国際会計基準)コンサルティング / ISO認証(ISO9001,ISO14001,ISO27001,OHSAS18001)他 / 「エコステージ」・「ソーシャルステージ」 / 経営品質

ページの先頭へ

1234567890