「エコステージ」・「ソーシャルステージ」

概要

「エコステージ」は、環境を切り口として業務効率向上や環境リスク低減、サプライチェーンのグリーン化を行い、収益力の向上を目指す「環境経営」の評価・支援システムです。
「ソーシャルステージ」は、環境・品質・社会・ガバナンスの観点から組織のCSR活動を評価することで、組織の強み・弱みを明らかにし、CSR活動を充実させることができる「CSR経営」の評価・支援システムです。
いずれも、評価と構築・運用支援を同時に行いますので、組織の課題を客観的に把握したうえ、改善に向けた取り組みができ、収益力向上や経営の質向上につなげることが可能です。また、こうした取り組みにより、取引先からの調達要求や、投資家からの社会的責任に応えることができます。

コンサルティングの特徴

特徴①・・「エコステージ」・「ソーシャルステージ」は、企業規模・現状の取り組み状況に合わせて、ムリなく取り組めます

組織の規模や、環境やCSRの取り組みに合わせて、エコステージは5つ、ソーシャルステージは3つのステージを設定しています。 各ステージは、環境経営システムの構築、実施、改善を行うことで環境配慮のレベルを上げながら、組織が持続的な発展を遂げていくモデルを示しています。
エコステージ1・2は、ISO14001を基礎として段階的に経営改善を進めていくモデルです。エコステージ3は、業務プロセス改善が実施され、経営マネジメントの必須要素である営業、購買、設計、工程、物流などの管理システムにおいても環境配慮が実現できているレベルです。エコステージ4は、統合マネジメント又はCSRマネジメントが構築され、かつ環境パフォーマンス指標に基づいた管理が実現できているレベルです。エコステージ5は、統合マネジメント及びCSRマネジメントが構築されているレベルであり、かつ環境パフォーマンスの改善及び社会とのコミュニケーションが実現できているレベルです。こうした5段階のステージは、企業の成長モデルをベンチマークの対象として設定しているため、経営改善が進みやすいモデルになっています。
ソーシャルステージ1は、コンプライアンスを中心としてCSR活動の基礎を構築していくモデルです。ソーシャルステージ3は、エコステージ5と同レベルのCSRマネジメントが十分運用されているトップレベルのモデルです。

特徴①

特徴③・・コンサルティング、評価実施のステップ

エコステージ評価・CSR経営評価は、コンサルティングと評価を合わせて行います。評価員が定期的(毎年)にシステム項目及びパフォーマンスの適切性・有効性について評価します。基本的には、事前訪問、初回評価、1年毎の定期評価を実施します。問題点については、改善状況を踏まえて、システム項目の適合性と有効性が確認でき次第、第三者評価委員会に報告し、評価に合格すると「エコステージ認定証」・「CSR経営認証」を発行します。認定後、三年毎に更新評価が行われます。
エコステージ協会第三者評価委員会では、導入組織の情報公開を支援するため、エコステージ認証書・CSR経営認証書を発行します。認証書には、認証レベル、認証システム、取り組み項目が記載されます。さらに第三者評価委員会での改善コメントは「第三者意見書」として、評価機関及び導入組織にフィードバックされます。
本業での経営改善やISO9001などの他のマネジメト要素とのリンクを重要視し、経営改善度と社会的責任度が評価されます。ISOの成熟モデルとして活用が望まれます。

特徴③

事例・実績

東京・名古屋をあわせ、約90社の実績

  • 製造業、食品加工業、塗装業、運輸業、金融機関  等
その他のテーマ
マネジメント高度化

内部統制 / コンプライアンス / 内部監査 / IFRS(国際会計基準)コンサルティング / ISO認証(ISO9001,ISO14001,ISO27001,OHSAS18001)他 / 「エコステージ」・「ソーシャルステージ」 / 経営品質

ページの先頭へ

1234567890