組織風土改革

概要

組織風土改革のために人事制度を改定するという企業は少なくありません。しかし、戦略やシステム等「目にみえるもの」を変えるだけでは組織は変わりません。「目にみえないもの」を変えない限り組織は変革せず、また、「目に見えないもの」、社員の意識や考え方等を変えるには時間がかかります。当社には戦略やシステムの改革のご支援だけでなく、組織風土や体質改善を支援する下記の役務提供メニューがあります。

  • 社員満足度調査(ES調査)
  • 意識改革研修支援
  • ワークライフバランスの支援
  • 組織現状分析(下記を参照ください)

組織現状分析

コンサルティングプロセス

フェーズⅠ 現状分析・課題認識

現状分析の結果をもとに、実現すべき組織のあり方を描き、その実現に向けた対策の方向性を示します。

フェーズⅡ グランドデザイン

現状分析の結果をもとに、実現すべき組織のあり方を描き、その実現に向けた対策の方向性を示します。

フェーズⅢ 対策の具体化

最適な組織形態や職務役割の明確化など、具体的な対策は社員の方々と議論しながら実際の導入を見据えて検討します。

フェーズⅣ 対策の実施

業務効率化や人材育成における実務は当社他部門の専門部隊も交えながらご支援します。

組織・風土改革には「社内論理に制約されない外部の視点」の活用が欠かせません。当社は総合シンクタンクとして定量データを前提とした論理形成や顧客・競合他社の情報を踏まえた客観的な課題認識と施策策定をご支援します。また、社員満足度調査(ES調査)はこれまでに多くの実績があり、高度な統計解析の手法も活用しつつ、分かりやすく実践的な示唆をご提供します。

具体的テーマ

事例・実績

  • ES(社員満足度)調査プロジェクト
  • 社員意識調査プロジェクト
  • 職場環境評価プロジェクト
  • グループES調査フィードバック・ミーティング
  • 若年層社員キャリア開発促進に関する意識調査及び施策立案プロジェクト
  • 職場環境改善支援
  • 両立支援ハンドブックの作成
  • 看護職員の確保・定着及びワーク・ライフ・バランス実現に向けた多様な勤務形態の導入支援
  • ワーク・ライフ・バランスの実現/長時間労働の是正に向けた各種支援

ページの先頭へ

1234567890