リーダーシップ型行政経営の実施支援

近年、自治体の首長選挙においてローカル・マニフェスト(LM)を掲げて当選する候補者が増加するなど、リーダーシップ型の行政経営が注目されています。「管理型」から「経営型」へと首長像が変化し、行政内部の対応についても中立性・柔軟性・スピード感が求められるようになっています。ここでは、ローカル・マニフェストの活用などの観点からリーダーシップ型行政経営を支援するための調査・コンサルティングをご提案します。

標準期間 1年

本業務のポイント・計画行政についての基本的な考え方

本業務のポイント

首長選挙前の時期が重要
中立的な立場から行政経営を継続していくため、選挙前に行政施策の進捗状況、課題などを整理し、情報公開を行うべきと考えます。これは選挙後に短期間で政策方針を決定するための基礎資料ともなります。

短期間でスピーデイな対応
首長の任期は4年であるため、短期間でPDCAサイクルを回せるよう、スピード感のある対応をプランニングし、実行を支援します。計画策定に1年以上もかかることは避けなければなりません。

多面的な評価
LMなどに示された首長の政策に関しては、行政内部、学識者、住民などにより多面的かつ中立的な評価を行うべきです。また、評価の結果については住民に詳細な情報を公開することが必要です。

計画行政についての基本的な考え方

ローカル・マニフェストの検証
LMの内容と現行の政策との整合性を検証し、今後新たに検討・取り組みが必要となる政策を明らかにするとともに、マニフェストを行政経営の中にどのように位置付けるかの検討を行います。

総合計画のあり方
総合計画については、計画期間が5~10年の長期にわたる一方、首長の交代等により修正の必要が生じるなどの課題があります。このような課題に対応できるよう、総合計画のあり方、修正のサイクル等を明確にした上で、既存計画の改訂等を行います。

お問い合わせはこちら

政策研究事業本部
TEL:03-6733-1020
〒105-8501 東京都港区虎ノ門5-11-2 オランダヒルズ森タワー

お問い合わせフォームへ

ページの先頭へ

1234567890