MUFG J-REIT向けESG評価 supported by JCR

企業のESG(E環境・S社会・Gガバナンス)に関する戦略的な取組の推進が、企業価値の向上に資するという機運が高まっています。
同時に、ESG関連情報の積極的な開示について、外部ステークホルダーからの要請も高まっています。

当社では、日本を代表する格付会社の一つであり、信用リスク分析のエキスパートでもあるJCR(株式会社 日本格付研究所)のサポートのもと、ESGに対する取組を評価しスコアリングを付与する、 J-REIT専用の商品を開発いたしました。

このようなお客様に

とり組むべきESG課題を知りたい

■ ESGにとり組み始めてはいるものの、ステークホルダーに訴求力の高いESG課題が何か、とり組みが不十分なESG課題が何かを知りたい

自社のレベル感を知りたい

■ 自社のESGに関する取組が、業界の中でどの程度のレベル感なのかを知りたい
■ さらに、業界内でのESGポジションを高めるため、どのような取組が必要かを知りたい

ESGに関する戦略的な取組を開始したい

■ 自社でとり組むべきESG課題と戦略的な取組の方向性を知りたい
■ 自社でとり組むべきESG課題の全体像を知りたい


評価ツールの特徴

既存のESG評価スキームに対応しつつJ-REITに合わせた評価項目

■ 不動産会社・運用機関のサステナビリティ配慮を測るベンチマーク指標である「GRESB」、機関投資家の意思決定プロセスにESG課題の反映を求める国際的な
  イニシアティブ「PRI」、その他既存のESG評価機関による評価項目を参照しつつ、J-REITという業態に合わせた評価項目を設定しています


評価に基づくスコアリング

S・A・B+・B-・Cの5段階で評価

■ スコアのみならず、今後の取組が望まれるポイントもフィードバックいたします
■ 評価結果の有効期限は発行日から3年間となります


主な評価指標

ESG
■ ESG全体のマネジメント
■ ESGのビジョンと方針
■ ESGに関わるリスクと機会の管理
■ ESG情報の開示 等

環境(Environment)
■ 環境ビジョン
■ 環境活動の方針・目標・計画策定と管理
■ ステークホルダーへの環境面での配慮・取組
■ アセットにおける環境配慮及びパフォーマンス 等

社会(Social)
■ テナントへの社会的側面からの配慮と取組
■ 地域社会との関係性構築
■ 投資法人及び資産運用会社の従業員への取組
■ 人権に対する配慮 等

ガバナンス(Governance)
■ 投資法人及び資産運用会社の
 ・ ガバナンスの構造と実効性
 ・ 腐敗の防止、コンプライアンス
 ・ 報酬体系とインセンティブ 等


ESG評価の流れ

■ 貴社ウェブサイト、その他の資料(有価証券報告書、ESGレポート等)で開示されている情報に基づき、評価ツールを用いて一次評価を実施します
■ 一次評価結果に基づき、ヒアリングさせていただきたい項目を事前にお送りします
■ 貴社ヒアリングにより得られた追加情報に基づき、二次評価を実施します
■ JCRが第三者の立場で、二次評価結果と結果に至るエビデンスとを確認します
■ JCRと当社との間で合意した上で、評価結果を確定します
■ 確定した評価結果を貴社にフィードバックします
■ その際、評価結果に異論がある場合には貴社との間でやり取りし、十分な根拠が認められる場合には、評価結果に反映します

ESG評価取得企業

■ 三菱地所物流リート投資法人 三菱地所投資顧問株式会社 2018年11月7日
■ ユナイテッド・アーバン投資法人 ジャパン・リート・アドバイザーズ株式会社 2018年11月9日
■ アドバンス・レジデンス投資法人 ADインベストメント・マネジメント株式会社 2018年11月21日


お問い合わせ

三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社
〒105-8501 東京都港区虎ノ門5-11-2 オランダヒルズ森タワー
コンサルティング事業本部 業務支援ビジネスユニット 社会システム共創部
コンサルタント 佐藤 渓
TEL:03-6733-1015
E-mail:k.sato@murc.jp


ページの先頭へ