欧州議会が対ハンガリー制裁案を採択~政情悪化を受けて意識される通貨不安リスク
全文紹介

2018/09/19
調査部 土田 陽介


○欧州議会は9月12日にストラスブールで開かれた本会議において、EUの基本的価値を侵害するハンガリーに対して制裁手続きに入るよう、加盟国の首長らで構成される欧州理事会に求める決議を採択した。


○オルバン政権は、今般の決定により、欧州各国の中道右派勢力との関係を見直さざるを得ない。表向きにはポーランドの与党「法と正義(PiS)」と同様に、民族主義政党としての性格を強めるだろう。


○こうした中で警戒されることは、ハンガリーが通貨不安に陥る恐れである。その場合、その波が隣国ポーランドへの伝わることをはじめとして、周辺諸国に金融不安の圧力が及ぶ可能性がある。


全文紹介 前のページへもどる

ページの先頭へ

1234567890