メルケル政権退陣のシナリオが浮上~早ければ12月の党大会後に新政権が発足する可能性
全文紹介

2018/10/30
調査部 土田 陽介


○地方選での相次ぐ敗北を受けて、ドイツのメルケル首相は与党党首を辞任する。21年の任期満了まで首相職にとどまる意向であるが、早ければ12月にも新政権が発足する可能性が出てきた。


○ドイツでは多党化が進むとともに、急進的な主張を行うAfDと緑の党の躍進が目覚ましい。ドイツにおける多党化の流れにはさらに拍車がかかるだろう。


○ドイツが政策停滞に陥れば、現在低位で安定しているドイツ国債の利回りが上昇し、欧州全体の金融不安に転じる恐れがある。ECBの政策正常化のスケジュールにも影響を与えるだろう。


全文紹介 前のページへもどる

ページの先頭へ

1234567890