2007/2008年度経済見通し(2007年9月)
全文紹介

2007/09/11


(2次QE反映後)
~先行きの懸念が広がるが、景気回復は続く~


○9月10日に発表された4~6月期のGDP(2次速報)と、最近公表された各種経済指標の動向を踏まえて、「2007/2008年度の経済見通し」(8月15日発表)の見直しを行った。


○4~6月期のGDP2次速報では、実質成長率が前期比-0.3%(同年率-1.2%)と1次速報の同+0.1%(同年率+0.5%)から設備投資を中心に下方修正され、3四半期ぶりのマイナス成長となった。名目成長率も同-0.2%と1次速報の同+0.3%より下方修正されマイナス成長となった。


○4~6月期の成長率が下方修正されたこと、及び今年後半の住宅投資が一時的に下押しする可能性があることを踏まえて、2007年度の成長率を小幅下方修正した。米国のサブプライムローン問題の影響など、景気の先行きに対するいくつかの懸念が広がっているが、日本経済が年率2%程度の緩やかな回復基調を続けるという基本シナリオに変更はない。


全文紹介 前のページへもどる

ページの先頭へ

1234567890