2011/2012年度経済見通し(2011年2月) ~踊り場を脱し、徐々に回復の動きが強まっていく~
全文紹介

2011/02/16

○2010年10~12月期の実質GDP成長率は前期比-0.3%(年率-1.1%)と5四半期ぶりにマイナス成長となり、昨年末にかけて景気が踊り場にあったことを改めて確認する結果となった。外需が2四半期連続でマイナス寄与となったことに加え、政策効果の反動減などから個人消費が落ち込み、内需の寄与度もマイナスとなった。しかし、輸出に増加の兆しが出ており、自動車販売の落ち込みに歯止めがかかるなど、今年に入ってから状況は好転している。2011年1~3月期の実質GDP成長率は前期比プラスに転じると予想され、景気は踊り場から脱するものとみられる。この結果、2010年度の実質GDP成長率は前年比+3.0%と、3年ぶりのプラス成長を達成しよう。もっとも、ゲタ(+1.9%)の影響を除外した年度中の成長率では、景気が一時的に踊り場に陥ったことが影響して+1.1%の伸びにとどまる。

○2011年度は景気の回復が続く。景気のけん引役は引き続き輸出であり、輸出の増加が生産の拡大や企業収益の改善を通じて、内需の持ち直しにつながると期待される。年度初めは、政策効果による押し上げの反動によって個人消費の伸びが一時的に弱まる可能性があるものの、所得の持ち直しを受けてその後は底堅さを維持するであろう。設備投資、住宅投資も緩やかな増加基調が続く見込みである。2011年度の実質GDP成長率は前年比+1.9%と予想する。ゲタ(+0.6%)の影響を除いた年度中の成長率は+1.3%と2010年度の回復ペースを上回ってくる。名目GDP成長率は前年比+1.1%となり、デフレーターは同-0.7%とマイナス幅が縮小する。デフレーターの動きを四半期ごとにみると、年度末にはゼロ程度まで改善してくると見込まれ、デフレの解消に目途が立ってくる。

○国際商品市況の上昇によって世界的なインフレ懸念が高まっている。しかし、国際商品市況の今後の上昇余地は小さいと予想されることに加え、日本経済への悪影響も比較的軽微であると見込まれ、景気を失速させる直接的な原因にはならないであろう。

○2012年度も、景気の自律的な回復の動きが続く見込みである。海外景気が引き続き堅調に推移するため、輸出は比較的高い伸びを続ける。雇用・所得状況の改善が続き、個人消費は底堅く推移しよう。企業業績の改善も続くため、設備投資も増加基調が維持される。2012年度の実質GDP成長率は前年比+2.0%と、前年度の伸びから拡大する見込みである。名目GDP成長率も前年比+2.0%まで上昇し、デフレーターは+0.1%となる見込みであり、1997年度以来15年ぶりにデフレが解消すると予想される。

 

○国際商品市況の上昇によって世界的なインフレ懸念が高まっている。しかし、国際商品市況の今後の上昇余地は小さいと予想されることに加え、日本経済への悪影響も比較的軽微であると見込まれ、景気を失速させる直接的な原因にはならないであろう。
全文紹介 前のページへもどる

ページの先頭へ

1234567890