2014/2015年度経済見通し(2014年2月)~消費税率引き上げ後も景気持ち直しは維持される~
全文紹介

2014/02/19


○2013年10~12月期の実質GDP成長率は前期比+0.3%(年率換算+1.0%)と4四半期連続でプラスとなり、景気が引き続き緩やかに持ち直していることが確認された。民需全体では前期比+0.8%と伸びが強まっており、消費税率引き上げ前の駆け込み需要の動きが一部で強まりつつあることがうかがえる。一方、外需の前期比寄与度は2四半期連続でマイナスとなり、マイナス幅も-0.5%と大きめの落ち込みが続いている。


○2014年1~3月期は、消費税率引き上げ前の駆け込み需要が強まるため、実質GDP成長率の伸びは一段と高まる可能性が強く、2013年度の実質GDP成長率は前年比+2.2%に達しよう。外需寄与度が-0.5%と3年連続でマイナスとなる一方、内需寄与度は+2.7%まで拡大すると予想される。ゲタ(+0.6%)を除いた年度中の成長率では+1.6%と高い伸びを達成する見込みである。


○2014年度は、消費税率引き上げ後の影響が、家計部門を中心に現れるため、実質GDP成長率は前年比+0.5%と小幅プラスにとどまる見込みである。外需の下支えにより景気が後退局面に入ることは回避されるものの、内需の伸びが弱いため、ゲタ(+0.8%)を除いた年度中の成長率では-0.3%となる見込みである。内外需の寄与度は、内需が前年比+0.1%とほぼ横ばいにとどまるのに対し、外需は+0.3%にまで高まろう。2014年度の景気の姿は、消費税率の引き上げによる家計部門の落ち込みと、それに伴う企業部門の低迷を外需で補う形になる。


○2015年度は、10月に消費税率が10%に引き上げられると想定しており、駆け込み需要と反動減が発生するが、年度中の動きであるため均してみると2014年度と比べるとマイナスの影響が小さい。2015年度の実質GDP成長率は前年比+1.2%を見込んだ。


全文紹介 前のページへもどる

ページの先頭へ

1234567890