大阪府 2016年夏のボーナス見通し~ 夏のボーナスは2年ぶりに増加 ~
全文紹介

2016/06/20
調査部 塚田 裕昭


○2016年夏の大阪府の民間企業(調査産業計・事業所規模30人以上)のボーナスは2年ぶりに増加すると予測する。労働需給がタイトな中、今年の春闘では基本給よりもボーナスの増加を基軸とした年収ベースでの賃上げが進んだことから、一人あたり平均支給額は46万2435円(前年比+3.0%)と増加しよう。


○ボーナスが支給される事業所で働く労働者の数も増加が見込まれる。夏のボーナスの支給労働者数は206万人(前年比+1.2%)に増加し、支給労働者割合も89.7%(前年差+0.9%ポイント)に上昇しよう。また、一人あたり平均支給額と支給労働者数がともに増加することから、2016年夏のボーナスの支給総額は9543億円(前年比+4.2%)に増加する見通しである。


全文紹介 前のページへもどる

ページの先頭へ

1234567890