2012年4~6月期のGDP(1次速報)予測
全文紹介

2012/07/31


8月13日に公表予定の2012年4~6月期の実質GDP成長率は、前期比+0.9%(年率換算+3.7%)と4四半期連続でプラスとなり、増加率も前期に続いて大きくなったと見込まれる。復興関連の支出増などを受けて、個人消費や公共投資などの内需が好調に推移したことが背景にある。


自動車販売の回復などにより個人消費は増加が続き、復興関連の補正予算の執行が本格化したことで公共投資も増加が続くなど、内需は全般的に好調に推移したとみられる。輸出、輸入ともに緩やかな増加が続いた結果、外需のGDP成長率に対する寄与度はゼロになったとみられる。


名目GDPも前期比+0.8%(年率換算+3.1%)と比較的高い伸びになったと予想される。輸入物価が下落に転じたことや国内物価の下落ペースがやや和らいだことなどを受けて、GDPデフレーターは前年同期比-0.7%と下落率が縮小したと見込まれる。


全文紹介 前のページへもどる

ページの先頭へ

1234567890