2012年4~6月期のGDP(1次速報)結果
全文紹介

2012/08/13


本日発表された2012年4~6月期の実質GDPは前期比+0.3%(年率+1.4%)と、1~3月期の同+1.3%(同+5.5%)から鈍化はしたものの4四半期連続でプラスとなり、景気が持ち直し基調にあることを示す結果となった。


実質GDP成長率に対する寄与度を内外需別にみると、内需の寄与度は前期比+0.4%、外需(純輸出=輸出-輸入)の寄与度は同-0.1%であった。内需のプラス寄与は5四半期連続であり、東日本大震災以降の内需を中心とした景気回復の動きが維持されている。一方、外需寄与度は輸出の回復の遅れを反映して、同-0.1%と小幅なマイナス寄与に転じた。


内需の内訳をみると、個人消費は前期比+0.1%と5四半期連続で増加したものの、伸び率は大きく鈍化した。エコカー補助金による自動車販売の押し上げ効果により耐久財の消費は増加が続いているが、サービス消費の増加が一巡してきたことに加え、うるう年効果の反動や、非耐久財消費が減少に転じたことなどが影響した。住宅投資は、被災地以外での住宅エコポイント制度終了前の駆け込み着工などから、同+0.8%と2四半期ぶりに増加に転じた。


設備投資は、更新投資や復興のための投資などを中心に持ち直し基調にある中で、前期の減少の反動もあって同+1.5%と増加に転じた。在庫投資については、製造業の一部の業種で在庫調整圧力が強まっているなど、総じて見れば調整局面にあり、GDP成長率に対する寄与度は小幅なマイナスに転じた。公的需要では、震災関連の支出増もあって政府最終消費は同+0.3%と増加基調を維持した。また、被災地で復興関連の補正予算の執行が続いており、公共投資は同+1.7%と堅調な伸びが続いた。この結果、公的需要全体では同+0.6%となり、景気を下支えした。


次に外需についてみると、輸出は米国向けの自動車などを中心に前期比+1.2%と増加を維持しているが、世界経済の減速の動きを受けて回復ペースは鈍い。輸入は、発電用エネルギー需要の拡大を受けて同+1.6%と増勢が維持されている。この結果、外需の実質GDPに対する寄与度は-0.1%と、成長率を小幅に押し下げる要因となった。


経済全体の総合的な物価動向を示すGDPデフレーターは、前年同期比-1.1%と下落率の縮小が続いた。しかし輸入デフレーターがマイナスに転じた効果が大きく、国内需要デフレーターは同-0.7%とマイナス幅が拡大している。前期比では、1~3月期に13四半期ぶりにプラスに転じたが、-0.5%と再びマイナスに陥った。


全文紹介 前のページへもどる

ページの先頭へ

1234567890