2012年7~9月期のGDP(1次速報)予測
全文紹介

2012/10/31
調査部 小林 真一郎


11月12日に公表予定の2012年7~9月期の実質GDP成長率は、前期比-0.7%(年率換算-2.9%)と4四半期ぶりにマイナスとなったと見込まれる。東日本大震災を受けて落ち込んだ実質GDPは、復旧・復興の動きに合わせて順調に回復してきたが、その動きがいったん途絶えた可能性が高い。


マイナス成長の最大の原因は輸出の大幅な落ち込みである。この結果、輸入が小幅の減少にとどまったこともあって、外需寄与度は大幅なマイナス寄与となった。内需では、公共投資、政府消費の官公需が増加基調を維持しているものの、個人消費、設備投資がともに前期マイナスに転じるなど民需の弱さが目立つ。


名目GDPは前期比-0.4%(年率換算-1.4%)と2四半期連続で減少したと予想される。また、輸入物価の下落幅が拡大したことや国内物価の下落ペースがやや和らいだことなどを受けて、GDPデフレーターは前年同期比-0.5%と下落率が縮小したと見込まれる。


全文紹介 前のページへもどる

ページの先頭へ

1234567890