2013年1~3月期のGDP(1次速報)予測
全文紹介

2013/04/30
調査部 小林 真一郎


5月16日に公表予定の2013年1~3月期の実質GDP成長率は、前期比+0.7%(年率換算+2.7%)となったと見込まれる。内需が個人消費を中心に堅調に推移していることに加え、外需も前期比プラスに転じたと考えられ、景気が昨年中に底を打った後、順調に回復してきていることを確認する結果になりそうだ。


前期比で大きく伸びる最大の要因は、個人消費の力強い伸びである。個人消費は所得情勢が厳しいにもかかわらず、景気回復期待の高まりや雇用情勢に回復の動きがみられることを反映して、前期比で大幅なプラスになったと予想される。また、設備投資も、小幅ながら5四半期ぶりに前期比プラスに転じた見込みである。公共投資は、これまで高い伸びが続いてきたこともあって増加が一服した可能性があるが、政府消費を中心に官公需は増加基調を維持したと考えられる。外需寄与度は輸出が前期比で増加に転じたことを受けて、4四半期ぶりにプラスに転じたとみられる。


名目GDPも前期比+0.6%(年率換算+2.5%)と4四半期ぶりにプラスに転じたと予想される。一方、GDPデフレーターは前年同期比-0.8%とマイナスが続いたと見込まれる。


全文紹介 前のページへもどる

ページの先頭へ

1234567890