2013年7~9月期のGDP(1次速報)予測
全文紹介

2013/10/31
調査部 小林 真一郎


11月14日に公表予定の2013年7~9月期の実質GDP成長率は、前期比+0.5%(年率換算+2.2%)となったと見込まれる。景気持ち直しは続いているが、今年前半と比べると、そのテンポは弱まったとみられる。


持ち直しテンポが鈍化した要因は、今年前半の景気をけん引してきた輸出と個人消費がいずれも前期比でマイナスに転じたためである。輸入の増加は続いており、外需寄与度は前期比-0.5%と大きくマイナスに転じたと見込まれる。一方、公共投資は大幅に増加したとみられるほか、設備投資の増加が続き、住宅投資も再びプラスに転じたことが押し上げ要因となり、内需寄与度は同+1.0%と4~6月期よりも拡大したと予想される。


名目GDPも前期比+0.6%(年率換算+2.5%)と前期と比べて伸びは鈍化したとみられる。GDPデフレーターは前年同期比-0.4%とマイナスが続いたが、マイナス幅はやや縮小する見込みである。


全文紹介 前のページへもどる

ページの先頭へ

1234567890