2014年10~12月期のGDP(1次速報)予測
全文紹介

2015/01/30
調査部 小林 真一郎


2月16日に公表予定の2014年10~12月期の実質GDP成長率は、前期比+0.9%(年率換算+3.8%)と3四半期ぶりにプラスに転じたと見込まれ、景気が持ち直しつつあることが示されそうだ。駆け込み需要の反動減の動きが一巡して内需がプラスに転じたことに加え、外需もプラス寄与が続いている。


個人消費は、反動減の一巡や、実質賃金の減少幅の縮小を背景に、引き続き前期比でプラスとなったようだ。駆け込み需要の反動で大きく落ち込んでいた住宅投資も下げ止まった模様である。設備投資は、企業業績が改善していることもあり、3.四半期ぶりに増加に転じたと予想される。公共投資は昨年度の補正予算の効果などから前期比プラスが続いていると見込まれる。一方、輸出、輸入とも増加したが、輸出の伸びが輸入の伸びを上回ったため、外需寄与度は3四半期連続でプラスとなったようである。


名目GDPは前期比+1.9%(年率換算+7.7%)、GDPデフレーターは前年同期比+2.2%と予想する。


全文紹介 前のページへもどる

ページの先頭へ

1234567890