2015年7~9月期のGDP(1次速報)予測
全文紹介

2015/10/30
調査部 小林 真一郎


11月16日に内閣府から公表される予定の2015年7~9月期の実質GDP成長率は、前期比-0.2%(年率換算-0.7%)と2四半期連続でマイナス成長となったと見込まれる。


個人消費は、雇用・所得情勢が緩やかに持ち直していることに加え、夏場の猛暑効果などの天候要因の影響により、前期比でプラスに転じたと予想される。設備投資は、企業の慎重な姿勢を反映して、小幅ながら2四半期連続で前期比マイナスとなる見込みである。全体の押し下げに強く影響したのが在庫寄与度であり、在庫調整の進展を受けて3四半期ぶりにマイナスとなり、マイナス幅も大きめであったと考えられる。外需寄与度は、輸出の伸びが小幅であり、前期横ばいにとどまったと予想される。


名目GDPは前期比-0.3%(年率換算-1.3%)、GDPデフレーターは前年同期比+1.7%と予想する。


全文紹介 前のページへもどる

ページの先頭へ

1234567890