2015年10~12月期のGDP(1次速報)予測
全文紹介

2016/01/29
調査部 小林 真一郎


2月15日に内閣府から公表される予定の2015年10~12月期の実質GDP成長率は、前期比-0.5%(年率換算-2.1%)とマイナス成長に転じたと見込まれる。ほとんどの需要項目で前期比マイナスとなっており、景気の下振れリスクが高まっていることを示す結果となろう。マイナス幅も、消費税率引き上げの影響が残っていた2014年7~9月期の同-0.7%以来の大きさである。


個人消費は、雇用・所得情勢の持ち直しにもかかわらず、消費者の節約志向の高まりや暖冬などの天候要因の影響により、やや大きめの落ち込みとなった。設備投資は、企業の慎重な姿勢が続いており、ほぼ横ばいでの推移を見込む。輸出の伸びが小幅であり、外需寄与度は小幅のプラスにとどまったようである。


名目GDPは前期比-0.2%(年率換算-0.9%)、GDPデフレーターは前年同期比+1.6%と予想する。


全文紹介 前のページへもどる

ページの先頭へ

1234567890