2016年1~3月期のGDP(1次速報)予測
全文紹介

2016/04/28
調査部 小林 真一郎


5月18日に内閣府から公表される予定の2016年1~3月期の実質GDP成長率は、前期比0.0%(年率換算0.0%)と横ばいにとどまったと見込まれる。


個人消費は、雇用・所得情勢が緩やかに持ち直しているほか、うるう年効果による押し上げがあったと考えられるものの、消費者マインドの悪化による節約志向の高まりなどにより、小幅の伸びにとどまった模様である。設備投資は、業績改善が一服していることもあって、企業の新規投資に対する慎重姿勢が強まっていると考えられ、前期比でマイナスに転じたと予想される。一方、輸出が比較的底堅く増加している半面で、輸入の伸びが小幅にとどまったため、外需寄与度は3四半期連続でプラスとなったと見込まれる。


名目GDPは前期比+0.3%(年率換算+1.2%)、GDPデフレーターは前年同期比+1.0%と予想する。


全文紹介 前のページへもどる

ページの先頭へ

1234567890