2016年7~9月期のGDP(1次速報)予測
全文紹介

2016/10/31
調査部 小林 真一郎


11月14日に内閣府から公表される2016年7~9月期の実質GDP成長率は、前期比+0.2%(年率換算+0.9%)と3四半期連続でプラスとなったと見込まれる。


個人消費は、雇用・所得情勢が緩やかに改善していることや物価が下落しているというプラス要因にもかかわらず、天候不順によるマイナス効果により、小幅ながらも前期比でマイナスに転じた模様である。設備投資は、維持・更新需要を中心に底堅さは維持されているものの、企業業績が悪化する中で企業は新規投資の大幅な積み増しには慎重になっていると考えられ、前期比で小幅マイナスの動きが続いていると予想される。一方、輸出が持ち直す中で、輸入は内需の弱さを反映して前期比で減少に転じたため、外需寄与度は+0.5%となり、実質GDP成長率を大きく押し上げたと見込まれる。


名目GDPは前期比-0.4%(年率換算-1.8%)と3四半期ぶりにマイナスに陥ったと予想される。また、GDPデフレーターの前年同期比は-0.1%と、2013年10~12月期以来のマイナスとなった可能性がある。


全文紹介 前のページへもどる

ページの先頭へ

1234567890