2016年7~9月期のGDP(2次速報)予測
全文紹介

2016/12/01
調査部 小林 真一郎


12月8日に発表される予定の2016年7~9月期の実質GDP成長率(2次速報値)は、設備投資、公共投資が若干下方修正される可能性があるが、1次速報値の前期比+0.5%から変化はないであろう(ただし、年率換算値では+2.2%から+2.0%に下方修正される見込み)。なお、今回は5年ごとに行われる基準改定(2005年基準から2011年基準への変更)に加え、SNAの枠組みの新基準への対応(93SNAから2008SNAへの変更)が実施される。このため、過去に遡って金額、伸び率とも大きく修正される可能性がある。それでも、1次速報発表後に判明した統計の結果から判断すると、景気に対する評価を変更する必要がある程、大幅に修正されることはないと考えられる。


名目GDP成長率、GDPデフレーターについても、大きな変更はないであろう。


全文紹介 前のページへもどる

ページの先頭へ

1234567890