2017年1~3月期のGDP(1次速報)予測
全文紹介

2017/04/28
調査部 小林 真一郎


5月18日に内閣府から公表される2017年1~3月期の実質GDP成長率は、前期比+0.5%(年率換算+2.1%)と5四半期連続でプラスとなったと見込まれる。景気が持ち直していることを確認する結果となろう。


個人消費は、雇用情勢の改善と消費者マインドの持ち直しなどを背景に底堅く推移したと見込まれる。一方、設備投資は、業績が改善する中にあっても、企業の新規投資に慎重な姿勢は続いていると考えられ、小幅の減少に転じた可能性がある。外需については、輸出の持ち直しが続いており、寄与度は3四半期連続でプラスとなったと予想される。


名目GDPは前期比-0.1%(年率換算-0.5%)と5四半期ぶりにマイナスに転じた可能性がある。GDPデフレーターは前年比-0.7%と、輸入デフレーターが急上昇したことを受けて前年比のマイナス幅が拡大したと見込まれる。


この結果、2016年度全体では、2015年度の前年比+1.3%に対し、同+1.3%と同じ伸び率となった模様である。


全文紹介 前のページへもどる

ページの先頭へ

1234567890