2018年4~6月期のGDP(2次速報)予測
全文紹介

2018/09/03
調査部 小林 真一郎


9月10日に内閣府から公表される2018年4~6月期の実質GDP成長率(2次速報値)は、前期比+0.8%(年率換算+3.0%)と1次速報値の同+0.5%(同+1.9%)から上方修正される見込みである。景気が順調に回復していることが改めて示されことになりそうだ。


上方修正される主因は、本日発表された4~6月期の法人企業統計の内容が反映されることで、設備投資がやや大きめに上方修正されるためである。一方、公共投資は下方修正される可能性があるが小幅であり、全体への影響は軽微である。その他の項目については、大きな修正はない見込みである。


名目GDP成長率も、前期比+0.4%(年率換算+1.7%)から、同+0.7%(同+2.9%)に上方修正されよう。GDPデフレーターは、前年同期比+0.1%のまま修正はない見込みである。


全文紹介 前のページへもどる

ページの先頭へ

1234567890