2017年7~9月期のGDP(1次速報)結果
全文紹介

2017/11/15
調査部 小林 真一郎


本日発表された2017年7~9月期の実質GDP成長率は、前期比+0.3%(年率換算+1.4%)と7四半期連続で前期比プラスとなった。数字の上では景気が引き続き持ち直していることを示す結果といえるが、外需寄与度の+0.5%に対し、内需寄与度が-0.2%(うち在庫投資の寄与度が+0.2%)と偏った成長となっており、景気が順調に拡大しているとは評価できない内容である。4~6月期に内需主導で堅調な伸びとなり、経済の好循環への期待が高まったが、7~9月期には再び外需に依存する成長の姿に戻ってしまった。


中でも弱かったのが、個人消費である。4~6月期は前期比+0.7%と高い伸びとなったが、7~9月期は同-0.5%と一転して落ち込んだ。雇用者の増加を中心に家計部門全体での所得は着実に増加しているものの、好調だった前期への反動が出たことに加え、夏場の天候不順の影響で外食やレジャー関連などのサービスへの支出が低迷したことが影響したと考えられる。住宅投資についても、先行する住宅着工件数が足元でピークアウトしていることが反映されて、同-0.9%と7四半期ぶりにマイナスに転じた。


全文紹介 前のページへもどる

ページの先頭へ

1234567890