2017年10~12月期のGDP(1次速報)結果
全文紹介

2018/02/14
調査部 小林 真一郎


本日発表された2017年10~12月期の実質GDP成長率は、前期比+0.1%(年率換算+0.5%)と、8四半期連続での前期比プラスとなった。伸び率は鈍化したが、内容は決して弱くはなく、景気回復が続いていることを示す結果である。


個人消費は、7~9月期に前期比マイナスの一因となった天候不順による悪影響が剥落したことや、年末にかけて寒い日が続いたことなどを背景に、前期比+0.5%と増加に転じた。住宅投資は、先行する住宅着工件数がすでにピークアウトしていることを反映して、同-2.7%と2四半期連続でマイナスとなった。


企業部門では、設備投資が前期比+0.7%と5四半期連続で増加した。業績の拡大が続く中にあって、人手不足への対応や生産性を高めるための投資などに加え、能力増強などの前向きな投資も増えている可能性がある。在庫投資の寄与度については、前期に大きくプラスとなった反動などから-0.1%とマイナスに転じた。


政府部門では、医療費などを中心に政府サービスに対する需要は趨勢的に増加しているものの、政府最終消費支出は前期比-0.1%と、10~12月期については一時的に減少した。公共投資も、2016年度補正予算の執行による押し上げ効果の一巡からピークアウトしており、同-0.5%と減少が続いた。


全文紹介 前のページへもどる

ページの先頭へ

1234567890