2018年4~6月期のGDP(1次速報)結果
全文紹介

2018/08/10
調査部 小林 真一郎


本日発表された2018年4~6月期の実質GDP成長率は前期比+0.5%(年率換算+1.9%)と堅調な伸びとなった。外需寄与度は小幅マイナスとなったが、内需、中でも民需の伸びが高く、全体を押し上げた。


個人消費は前期比+0.7%と大きく増加した。1~3月期のマイナスに対する反動に加え、好天が続いたことや夏のボーナス支給額など足元で所得が増加していることがプラスに寄与したと考えられる。また、野菜価格などの下落によって物価が押し下げられ、実質値を押し上げた効果もある(個人消費デフレーターは前期比-0.4%と低下)。


住宅投資は、先行する住宅着工件数が足元で一時的に持ち直しているが、1~3月期までの落ち込みの影響によって前期比-2.7%と4四半期連続でマイナスとなった。


企業部門では、設備投資が前期比+1.3%と7四半期連続で増加した。水準でみても、名目、実質ともに過去最高額まで増加している。人手不足に対応するための企業の省力化投資へのニーズが根強いうえ、生産性を高めるための投資、能力増強などの前向きな投資が活発化している。さらに五輪関連需要や研究開発投資による底上げ効果もあると考えられる。一方、在庫投資の前期比寄与度は+0.0%となった。


全文紹介 前のページへもどる

ページの先頭へ

1234567890