2016年9月の消費者物価指数の結果
全文紹介

2016/10/28
調査部 小林 真一郎


○物価上昇圧力が弱い状態が続いている


9月の全国の消費者物価指数のうち、生鮮食品を除く総合(コア)は8月と同じ前年比-0.5%となり、7か月連続でマイナスとなった(図表1)。物価上昇圧力が弱い状態が続いている。食料(酒類を除く)及びエネルギーを除く総合(コアコア)では伸び率がさらに鈍化し、8月の同+0.2%から同0.0%に低下した。


生鮮食品を除く総合(コア)の下落に最も大きく寄与したのが、ガソリン(前年比-9.2%)、電気代(同-6.5%)などのエネルギー(同-8.4%)であるが、原油価格の動きを反映したガソリン価格の底打ちや、電気代の下落が一巡しつつあることなどから、マイナス幅は緩やかに縮小している(8月エネルギーは同-10.2%)。一方、円高の影響によって輸入品価格の下落ペースが速まっており、白物家電などの家庭用耐久財(同-6.8%)、テレビなどの教養娯楽用耐久財(同-7.8%)のマイナス幅は拡大している。また、生鮮食品を除く食料は、食品の値上げ一巡により上昇幅が徐々に縮小している(同+0.8%)。 ....(続きは全文紹介をご覧ください)


図表1 消費者物価の推移


全文紹介 前のページへもどる

ページの先頭へ

1234567890