2016年9月の鉱工業生産指数の結果
全文紹介

2016/10/31
調査部 中田 一良


○9月の鉱工業生産指数の結果


9月の鉱工業生産指数は、前月比横ばいだった(図表1)。製造工業生産予測調査では9月は前月比+2.2%と上昇が見込まれていたものの、それを大きく下回る結果となった。出荷指数は、前月比+1.1%と2か月ぶりに上昇した。在庫指数は前月比-0.4%と2か月ぶりに低下した。なお、7~9月期の鉱工業生産指数は、4月に発生した熊本地震による操業停止からの挽回生産の影響もあって、前期比+1.1%となり、2四半期連続で上昇した。


9月の生産動向を業種別にみると、はん用・生産用・業務用機械工業、輸送機械工業、化学工業(除く医薬品)などは上昇した(図表2)。なかでも、はん用・生産用・業務用機械工業は、2か月連続で上昇して2015年6月以来の高い水準となり、2015年後半以降の低迷から持ち直す動きがみられている。他方、8月に大幅に上昇した情報通信機械工業と電子部品・デバイス工業のほか、金属製品工業、電気機械工業などは低下した。


財別では、半導体製造装置などが好調だった資本財(除く輸送機械)は前月比+2.1%、鉱工業生産の5割を占める生産財は同+0.4%、乗用車などが好調だった耐久消費財は同+0.5%とそれぞれ上昇した。他方、非耐久消費財は、モイスチャークリームなどを中心に前月比-0.3%と低下し、建設財は同-2.8%と低下した。 ....(続きは全文紹介をご覧ください)


図表1 生産・出荷・在庫の推移                    図表2 業種別の生産動向


全文紹介 前のページへもどる

ページの先頭へ

1234567890